2011年08月19日

お知らせ


    皆様へ

               平成23年8月19日

             西 尾  幹 二

 来る9月3日(土)の第22回坦々塾とその後について、お知らせと計画をお伝えします。

 ご承知のとおり私はいま種類の異なる三つも四つもの課題に取り組んでいて、やゝ疲れております。その中で最も時間を奪われているのは近づく全集刊行の課題で、後の巻の編集と今の巻の校正・解説が同時に重なってきて、考えていた以上に大変な重荷であることが、分かってきました。

 年四回の坦々塾と年四回の全集刊行を別々の内容で両方実行することは難しく、坦々塾を止めることも考えました。熟慮の末、坦々塾をより大きく発展させ、クローズドの会をオープンな会に改め、来たい人は誰でも来れるようにし、全集の出た翌月に全集各巻のテーマをめぐる私の解説講演会を開くという方向の新しい試みを考えています。

 9月3日の例会は、いつもの通りですが、その次の第23回の会は11月19日夜に開催する予定です。主催は国書刊行会、入場無料、豊島公会堂を予定しています。

 全集は10月、1月、5月、8月の順に出る予定なので、順当に行けば会合も各翌月に開くことになりますが、11月19日の第一回記念講演会以外には詳しい内容は決まっていません。皆さまのご希望もうかがいます。

 9月3日(土)の坦々塾例会はいつもの通りです。今回は外部講師の招待講演はないので、開始は3時。溝口郁夫氏のスライド付き講演「絵具と戦争」のあと私が約1時間〜1時間半担当いたします。

          不一

  <追加のお知らせ>

坦々塾の皆様へ

 次回の会での私の講演のテーマを決めました。
    
     アメリカと満州
 
 これがアメリカの対日戦争の動機でした。
 GHQ焚書図書開封 5 で、アメリカのハワイ併合はくわしく語りましたが、満州との関連は不十分でした。それを補います。

           西尾幹二



坦々塾へのお問い合わせは 
tanntannjyuku@mail.goo.ne.jp 
坦々塾事務局まで




posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 16:57| Comment(0) | 西尾先生からのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

西尾からのお願い


  <福田恆存の文学と戦争>

  西尾からのお願い

 池田さん、石原さん、等々力さんのご意見を関心をもって拝見しました。

やはり福田恆存氏の元の文章に当たって考え、書いて下さい。

上記三人の他にも、どなたでも、今まで福田論文を読んだことのない方…も、この論争に参加するようお願いします。大いに語り合って下さい。自己啓発のためにも。

        


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本の画像にマウスを合せて、
右クリックし「リンクを開く」を左でクリックし画像を表示してください。
小さめの画像が出ていますので、そこを左でクリックしてください。
大きくなります。
@文学と戦争責任 p227.JPG

A文学と戦争責任p228,229.JPG

B文学と戦争責任p230,231.JPG


C文学と戦争責任p232,233.JPG

D文学と戦争責任p234,235.JPG

坦々塾事務局へのご連絡は
tanntannjyuku@mail.goo.ne.jp
にお願いします。





posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 18:35| 東京 ☀| Comment(9) | 西尾先生からのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。