2011年12月23日

『南京「百人斬り競争」虚構の証明』溝口郁夫著

    
    『南京「百人斬り競争」虚構の証明』
                (朱鳥社)
 


 坦々塾会員の溝口郁夫さんから次の本を送っていただいた。急いで読んで皆様にご紹介を…と思っていたら、さすが宮崎正弘先生。もうメルマガに書評が載っていた。

 私はまだ半分しか読んでいないので、宮崎先生の書評を載せさせていただき、(宮崎正弘の国際ニュース早読みから転載)後はのんびり読ませていただくことにします。

 いつものことですが、溝口さんの資料の収集能力と、地道な作業に頭が下がります。

            坦々塾事務局 大石

  ♪
野田毅著 溝口郁夫編
  『南京「百人斬り競争」虚構の証明』(朱鳥社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

    
世 019.jpg




 南京虐殺の濡れ衣。野田毅少尉はあらぬ疑いをかけられ、証拠もないのに処刑された。いまとなっては誰もが百人斬りがなかったことを知っている。戦意を鼓舞せんとして当時の軽佻浮薄な記者らが競争してでっち上げた記事が一人歩きしただけである。

 その犠牲になった。
 南京大虐殺がシナとつるんだ外国人ジャーナリストらの創作、国民党宣伝部のでっち上げであった事実を、日本の現代人の多くは知っている。

 野田毅はビルマ独立の工作に挺身し、転戦した。かれは獄中にあって日記を残していた。
 編者の溝口氏は遺族をたずねて歩き、未完に終わった野田獄中記や遺書のコピィを入手してきた。

 向井敏明氏次女からも資料を得た。
 裁判記録も収集できた。
 資料あつめに奔走すること六年、ようやくにして、本書のような労作が完成した。
 これらは本来なら国家がおこなうべき事業である。外務省も総務省も、いったい何をしているのか。

 野田・向井の両少尉は熱血あふれる、愛国者であり誠実な人格の持ち主だった。
 野田少尉は獄中で遺書を残して冥界へ旅立った。
 「泣く思い しんしんと落つる 獄の雪」
 「南京の 月光降りて 雪青み」
 本書は涙なくしては読めない魂の記録でもある。冥界から、濡れ衣で処刑された人々の微笑みが見えるようだ。



posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 08:17| Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。