2011年11月25日

日米開戦の由来を再考する・報徳会講演


二宮報徳会にて、西尾先生の講演が行われます。
報徳会のブログを下記にご紹介します。

       坦々塾事務局 大石


   『 日米開戦の由来を再考する。
      ―― パールハーバー70周年記念  』

◆ 講師 

評論家 西 尾 幹 二 先生

 日本人は戦後、なぜ日本はアメリカと戦争をするという愚かな選択をしたのか、とばかり反省し、なぜアメリカは日本と戦争をするという無理を犯したのかと問い質すことをしないできた。二十世紀前半のアメリカの敵は、日本でもドイツでもなく、実はイギリスだった、という歴史の真実がある。それに先立って太平洋を支配してきたのはスペインだった。日米戦争の歴史的前提を、今までにない大きな背景から問い質す必要がある。


2009.03.14第十三回坦々塾 018.jpg


◆講師略歴◆

 昭和10(1935)年7月20日東京生まれ。
昭和29年(1954)年 都立小石川高校卒。同33(1958)年東京大学文学部ドイツ文学科卒。同大学大学院文学修士、文学博士(初期のニーチェ)。

 昭和36年(1961)年から静岡大学講師となる。

 同38年「ニーチェと学問」ほか二篇でドイツ語学文学振興金賞を受ける。これに基づき同40(1965)年夏より2か月間ミュンヘン大学哲学部客員助手となる。

 同39(1964)年に電気通信大学に転じ、同50年(1975)年に同大学教授。平成12(2000)年同大学名誉教授、現在に至る。



◆期日 平成23年11月27日(日曜日)

  午後1時30分〜4時30分(受付午後1:00)

◆会場 
    靖國会館「偕行の間」靖國神社内

     電話03-3261-8042

◆参加費
    1,000円(学生:500円)

◆主催及び連絡先
  二宮報徳会(会長小林幸子)
   〒136-0072 東京都江東区大島1−9−8−703    
お申し込みは、お名前ご住所を明記の上【FAX】又は【メール】で前日までにお願い申し上げます。
前日までにお申し込みいただけない方は、当日直接会場にお越し下さい
sontoku0723@mail.goo.ne.jp
FAX:03-3637-7841
※資料等、準備の都合により、出来るだけ事前にご連絡下さい。

靖国神社への地図.gif


最寄の駅

◆地下鉄
・東西線/半蔵門線/都営新宿線
           「九段下駅(出ロ1)」より徒歩5分
・有楽町線/南北線/都営新宿線
           「市ケ谷駅(A4出ロ)」より徒歩10分
・東西線/有楽町線/南北線
           「飯田橋駅(A2出ロ、A5出ロ)」より徒歩10分
            ◆JR線
・中央線/総武線
           「飯田橋駅(西ロ)」、「市ケ谷駅」より徒歩10分

  
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 13:12| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。