2011年09月07日

第22回坦々塾勉強会に出席して足立誠之



第22回坦々塾勉強会に出席して

  坦々塾会員 足立 誠之

 今回は会員溝口さんによる著書「絵具と戦争」に沿う講義と西尾先生の講義の二本立てでした。両講義共これまでになく会が追及している課題に迫るものでした。

溝口さんの講義を聴くにつれ、「絵具と戦争」という表題から受けていたイメージとはかなり違った深い意味がこの本にはこめられていると感じました。
 絵画というものは、心を表すものであり、画面を通じてその時代の雰囲気まで醸し出すものでもあります。ですからその影響力には恐るべきものがあると言えます。
藤田 嗣治は、戦時中、軍に協力し、戦意高揚のために戦争画を描いたとして、戦後糾弾されました。
 そこにあるものは、日本国民は戦争を嫌っていたが、アジア侵略のために指導部がむりやり国民を騙しておこなったのが"太平洋戦争"であったという、占領後に刷り込まれ未だに我が国の"公式見解"だとされる歴史観と同根です。
 ところが何故か藤田をはじめとする多くの著名画家の戦争画が占領軍によって接収され、国民の目から引き離され、あまつさえ、多くの作品がサンフランシスコ講和会議の直前に米本国に移送されたとの講義内容でした。
 そこに大きな意味があったと考えさせられました。

 溝口さんは、著名画家によって描かれた戦争画の一つ一つについてGHQによって接収されたものか否かを説明して下さいました。
 接収された絵の中にはフィリピン、コレヒドール要塞での戦闘が終わった後の降伏した米軍兵士と日本軍兵士との和やかな交歓風景を描いたものもありました。この絵が戦後接収されることなく一般に展示されていたならば、"バターン死の行進"はプロパガンダの一種の虚構であると世の中は理解したでしょう。
 藤田の描いたサイパン島の最後の場面などは、「侵略戦争のための戦意高揚」とは全く結びつきません。
 接収された戦争画に描かれたものは、日本の自立自尊、アジアを欧米植民地支配から解放するという崇高な戦争目的が前線から銃後に至るまでみなぎっていた姿だったのです。
 ですから、そうした姿を国民の記憶から洗い去ることこそ、戦争画接収の目的だったわけです。
GHQ焚書は絵画にまで及んでいたことにその執拗さ、徹底振りが理解されます。
(視覚障害者の私には、スライドは見えませんので、以上は溝口さんの講義から私なりに受け止めたものであり、或いは誤解、あやまりもあるかと思いますので為念)


 西尾先生は日米戦争にまで至る日米関係を世界地図、世界歴史上で俯瞰されました。

 講義の中で興味深かった点の第一は戦前において、日本人が米国との戦争が起きるとは想像していなかったという点です。これは私の中にあった疑問でもあります。米国の対日政策は、日清戦争後に策定した日本を仮想敵国とするオレンジ計画が形になった最初に目をひくものですが、昭和14年7月26日の日米通商航海条約の一方的な破棄通告に至っては、私には開戦の意思を露骨に示すものであるように感じます。

 昭和15年9月の三国同盟締結の際に、日本の指導部は日米戦争の淵に至ったという考えはなかったのでしょうか。

 私事ですがカナダに住んでいた折、知り合いの日系二世の老婦人が自分は戦前小学校から日本の学校に"留学"していたが、三国同盟締結を聞くや、父親がカナダからかけつけ、私は「日米開戦が近い」と告げられ、親に連れられてカナダに帰った、と述懐していました。

 おそらく米国内には、日米通商航海条約破棄以降対日戦争準備が進められ、ハル・ノート、に至るロードマップが作られていたのではないかと思われます。
 年表をどう読むかによって歴史観は変わるものですが、年表を見ていく限り、日米通商航海条約の破棄以降ハル・ノートに至るまで、日米の関係で、米国は常に日本に直接的な損害を与える政策を行っているのに対し、日本が米国を直接的に損害を与えるような政策を行ったことは、ほとんど見られません。(昭和16年7月28日の日本軍の南部仏印進駐は、日仏間の問題であって、米国の利害を直接的に犯すものではありません。)
 そこに日本の指導層に米国との戦争にならないとの意識が生まれたのではないかと想像されます。
 これは暗黙の国際ルールを巡るものであって、日本は自らを含めて国際的な暗黙のルールが適用されると考えていたのに対して米国は欧州諸国にはそうした暗黙ノルールを認めることがあっても、日本あるいは有色人種国家にはそれを適用しないというダブルスタンダードで臨んでいたということになるのでしょう。

 先の日系二世のご婦人の父親がいち早く日米開戦を予想したのも白人国家で暮らし、白人の間に厳然としたダブルスタンダードが存在することを熟知していたからだと考えられます。


第二の点は、米西戦争の世界史的な意味を講義された点です。

 米西戦争は、キューバとフィリピンを米国がスペインから奪った戦争としてしか理解していませんでしたが、それはスペインが大航海時代以来保持してきた西半球への覇権、影響力、と太平洋の覇権と影響力がついに失われるという歴史の大転換点であったという内容で、目から鱗が落ちる思いが致しました、


 三つ目の点は、シナを巡りあれほどまでに執拗に日本を追い詰め遂には対日戦争まで行った米国が、なぜあっさりとシナの共産化を許したのか、という疑問をていされました。

 確かに米国にはmanifest destinyという一貫したものがそんざいしている一方で、路線変更が見られます。
 特にシナ大陸の共産化の過程での、米国の蒋介石政権と中国共産党への対応には理解できないところがあります。

 最近出版された「戦後日本を狂わせたOSS日本計画」(田中英道著、展転社)は私には未だ疑問点が多い本ですが、日本の敗戦後の国共内戦において米国が何故、蒋介石軍の攻撃を停止させ共産軍に立ち直りの機会を与えたのかについての疑問の説明にはかなり納得できるものがあります。

 田中氏の説明では、FDルーズベルトは隠れマルキスト、社会主義者であり、ルーズベルト政権はコミンテルンのエージェントとは別に政権自体フランクフルト派社会主義者による政権であり、OSSはその典型的な組織で戦後の日本占領政策もこの、コミンテルンとは別系統の共産主義者(社会主義者であるフランクフルト派が主導したものであったとしています。

田中説によれば、ルーズベルト政権の米国の対中政策は中国の共産化ということになるのですが、果たしてそこまで言えるものなのかは疑問です。


 いずれにせよ、米国の対中政策、対日政策については多くの矛盾が存在しており、その解明には未だ至っていません。
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 08:57| Comment(1) | 坦々塾報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田中説によれば、ルーズベルト政権の米国の対中政策は中国の共産化ということになるのですが、果たしてそこまで言えるものなのかは疑問です。の部分ですが

この本にそういう趣旨の記載はないと思います。

最近出版された「戦後日本を狂わせたOSS日本計画」(田中英道著、展転社)は私には未だ疑問点が多い本ですが。の部分ですが

すんなり受け入れられる本ではないとは思いますが、その抵抗感こそが、そしてそれを氷解させることこそが、この本の意義だと思います。宣伝担当のように見えるかもしれませんが、繰り返しお時間をかけていただけたら、いつか氷解点に達すると思います。

抵抗感は喉に引っかかった骨、それを取ってみたら謎が解けると思います。抵抗感の正体発見はとても大事だと思います。
生意気な書き方かも知れませんが、その失礼をお詫びします。
Posted by Bruxelles at 2011年10月02日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。