2011年05月04日

「ジャパニズム」――再生、日本の、底力!オピニオン情報誌 西村幸祐




「ジャパニズム」――再生、日本の、底力!
オピニオン情報誌

西村幸祐責任編集

JAPANISM01表紙軽データ.jpg

http://www.amazon.co.jp/dp/4792604346/



既存の情報空間を突き抜ける、まったく、新しい、オピニオン情報誌が誕生。

東日本大震災の想像を絶する被害と原発危機に、日本人はどう立ち向かうべきか?

この未曽有の危機は戦後日本の敗北なのか?

深刻で広範な問題を、専門家、有識者、各界オピニオンリーダーが提言。

アニメなどサブカルチャーの分野から、安全保障、外交、政治の諸問題まで、それぞれのエキスパートが縦横に、大胆に、読者と共に語り合う、ネット時代の新しいカタチの、オピニオン情報誌「ジャパニズム」が、西村幸祐の責任編集で、いよいよ創刊!

創刊号登場人物は、すぎやまこういち、石川光久、
西尾幹二、富岡幸一郎、西村幸祐、西部邁、宮崎正弘、
高山正之、藤岡信勝、関岡英之、中野剛志、高森明勅、
桜林美佐、ペマ・ギャルポ、井上和彦、大高未貴、
葛城奈海、イリハム・マハムティ、有本香、福島香織、
業田良家、山野車輪、KAKERU、山村明義、
山口敏太郎、宮島理、テキサス親父、古谷経衡、
鷲尾英一郎、柿沢未途、他


目次
【巻頭カラー】
ジャパニズム宣言
巻頭特集
●被災地に横たわる真実の痛み 東日本大震災被災地レポート
日本への祈り

【特別企画】

特別インタビュー
●アニメーションは、日本復活のソフトパワー
日本が誇るアニメ界のキーパーソンの「展望」談義……
石川 光久
特別座談会●尖閣と東日本大震災からの警鐘……
一色正春+石 平+西村幸祐
あの「sengoku38」は、日本の現状を憂う志士だった!
緊急対談●女が見た裸の中国 ……
有本香+福島香織
あの国の素顔を知る二人の「かおり」対談

【総力特集●日本復活のシナリオ】

創刊特別座談会◎日本復活のシナリオはあるか?……西尾幹二+富岡幸一郎+西村幸祐
日本の復興と再生と亡国メディアの崩壊……高山正之
日本再生の条件……宮崎正弘
歴史教育から始まる日本の復興……藤岡信勝
すでに曙光は遠く見えはじめている……高森明勅
対談 ● 文化力から、日本の逆襲が始まる…
…水野誠一+西村幸祐


【緊急特集●ジャスミン革命と東アジア情勢】

知られざる中国のイスラーム問題 … 関岡英之
ジャスミン革命と中国 …… ペマ・ギャルポ
中東ドミノ革命とイスラエルの陰 ……… 大高 未貴
アジアの自由と日本の復興 … イリハム・マハムティ

【警鐘特集●亡国の民主党政権】

菅直人内閣の崩壊と延命 ……
…… 宇田川敬介
被災地の復興と「平成の開国」は矛盾する ……
… 中野剛志
TPPとは何か? 国益の視点から問う …
… 青木文鷹

【コラム】

箸休めコラム ● えりちゃんとじろうさん … KAKERU
まんが ● 極! サブカル塾 ……… 山野車輪
4コマまんが ● 上を向いて笑おう …… 業田良家

注目 ●「俺は、君のためにこそ死ににいく」
稽古場で野伏翔監督を直撃 ……
対談 ● 僕らのオタク十年記 …
…… 山野車輪+古谷経衡
提言 ● 石垣からみた日本の防衛 ……… 葛城奈海
随筆 ● 川端康成と三島由紀夫 ………… 西 法太郎
提言 ● 買ってはいけない池上彰 ……
…… 三浦小太郎
警鐘 ● 日本人の正気を取り戻せ! パチンコは違法!
……… 小坂英二
随筆 ● 天災今昔物語 …… 杉原志啓
激励 ● がんばれニッポン! ……… テキサス親父
提言 ● 原子力発電が照らす日本の未来は明るいか?
……… 寄本好則

【連載】
国会裏話 ………… 本誌編集部
政党ファイル ……
民主党・鷲尾英一郎/
みんなの党・柿沢未途/
幸福実現党・ついき秀学/
平成日本への伝言 ……… すぎやまこういち
神々のおたわむれ ……… 山口敏太郎
新・二十一世紀からの思索 …… 西部邁
新・情報の考古学?日本精神史への試み
……… 西村幸祐
安全保障ウォッチ ………… 井上和彦
パワースポットの先にあるもの ………… 山村明義
新・女流国防論 …… 桜林美佐
新・反日マスコミ観察記 …… 宮島 理
新・名著再発見 ……… 岩田 温
愛国的アニメ論 …… 古谷経衡
書評 ? これを読むべし! ……… 三浦小太郎
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 11:21| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5/1にオバマ大統領により発表されたオサマビンラディン殺害というニュースに関連して、重要と思われるインタビュービデオが5/3付でYouTubeで公開されていました。

そのYouTubeのビデオは、要するに、次のような内容になっています。オサマ・ビンラディンは10年前に既に病死していたが、その時に(後々の使用のために)冷凍保存されていた。今回のオサマビンラディン殺害のニュースは大嘘(Bullshit)で、オバマが再選を狙ってアメリカ国民を(クリントン、ブッシュと同様に)騙そう(心理操作)しようとしている。

ビデオでは、Dr.STEVE PIECZENIKという、Deputy Assistant Secretary of State and/or Senior Policy Plannerの職を Secretaries Henry Kissinger, Cyrus Vance, George SchultzおよびJames Bakeの元で務めていた(現在は退職)方が、Alex Jonesショーのインタビューに答えているものです。

9.11についても、自作自演であったことが暴露されています。
9.11に関わった人物(大統領、その周辺)の実名も挙げていますので、かなり重要なインタビューではないかと思います。

このビデオを見ると、例えば、次のような新聞記事『ビンラディン容疑者、武器持たず 米軍特殊部隊が射殺のビンラディン容疑者は「抵抗した」が「武器は所持せず」と米大統領報道官。2011/05/04 05:24 【共同通信】』などは、全くナンセンスに感じられます。

以下、そのビデオへのリンクです。ビデオは英語で7部に分かれています。
http://youtu.be/xj0pM5FoYbs

インタビューに答えているDr. STEVE PIECZENIKは、ググってみると、最終謀略〈上〉 (新潮文庫) のような本も出しているようでした。また、インタビューの中でティーパーティー党員だと仰っています。
(参考)Dr. STEVE PIECZENIK website
http://www.stevepieczenik.com/bio.htm
Posted by 貼り付けです at 2011年05月05日 10:15
「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」
5月29日「小沢一郎よ、鳩山由紀夫を警戒せよ」から下記転載元記述部分を転載投稿します。転載元の関連写真は下記URLで。
http://amesei.exblog.jp/13671774/

http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/842.html

=転載開始=
政局が騒がしくなっている。G8サミット終了後にブラッセル滞在中だった菅直人首相は、同行する記者団に自公が上程を模索している内閣不信任案について語っている。ところが、この発言内容、読売新聞と他紙では微妙に内容が違っている。

この鳩山と菅という組み合わせ。すぐに思い出すのは去年の8月末の民主党代表選に小沢を担ぎだして、結果的に党員の不正投票や票の結果を事前に横流ししたことで票の操作を行って、議員票ではともかく党員票で大差での小沢敗北を演出したことだ。この背後には鳩山由紀夫がラスプーチンのように動いている
鳩山由紀夫というのはどういう男か。ひとことで言えば、フリーメーソンである。フリーメーソンとは何か。欧州の秘密結社である。秘密結社とはなにか。思想・利益共同体である。だから、鳩山の思想はヨーロッパ系のコスモポリタニズムであり、日本の地に足が付いているものではない。さらに言えば、鳩山の息子はロシアに居る。ロシアに人質に取られているようなものだ。

 要するに、鳩山の政治判断は欧州財閥の意向を踏まえている。それは必ずしもアメリカではない、ということだ。だから反米の様に見える。しかし、そうではないのだ。その判断のおかしさが彼の首相時の普天間問題の迷走にも影を落としている。弟の邦夫はもう少しまともだ。さすがは田中角栄の秘書だっただけである。
Posted by 22 at 2011年06月01日 03:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。