2011年04月26日

『撃論』がリニューアルして日本の安全を問う





『撃論』リニューアル号「Vol.1 いまだ放射能で滅んだ国は無し、原発よりも危険な中国に備えよ!」が発売されます

 オピニオン誌として5年目を迎えた『撃論』が、装いを新たにしたリニューアル号を発売します。
 坦々塾の次回講師の桜林美佐先生はじめ、坦々塾講師としておなじみの先生方も執筆していらっしゃいます。
 4月28日に全国の書店で発売します。この国難だからこそ、考える日本の安全保障と対中戦略、必読です。

         坦々塾事務局  大石

OAK-GEK+h(ol).jpg




【復興と再生の年、5年目を迎えた『撃論』が

 リニューアルして日本の安全を問う!】


 眠り続けていた日本がようやく目覚め始めようとしている。
 そのきっかけとなったのが、昨年秋の尖閣諸島での中国武装漁船テロ事件であり、今年3月列島を襲った未曾有の大震災ではなかったか。
「領土問題なんて話し合いで解決できる」「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼しよう」もはや、そんな寝言が通用する時代は過ぎたのだ。
「暴力装置」と呼ばれた自衛隊を感謝の涙で迎える被災地、「日本頑張れ」と世界中で振られる日の丸を目にして、われわれは何を思うか。
 世界に愛される日本、それは戦う日本である。
 内に大震災、外からは隣国の脅威……新生撃論・第一弾は、安全保障と国防に切り込む!
 連載陣も一新して強力新連載に加え、豪華かつユニークな執筆陣が情報戦からアジア経済、エネルギー問題まで、独自の視点で解析するリニューアル第一号。


http://www.amazon.co.jp/dp/477551685X


【カラー】
自衛隊戦争ドクトリン

■中川八洋
<憂国の緊急寄稿>
"風前の灯"尖閣列島と国防忘却の日本

■藤井厳喜
新しい"リアリティ"の時代へ
21世紀、日本の選択 震災日本だからこそ考える改憲と核

■佐藤守
元空将・佐藤守の言論スクランブル
この危機にこそ、目を離すな

■石破茂自由民主党政務調査会長
<特別インタビュー>
震災と原発事故から考える国防体制

■井上和彦
水面下の国防体制構築に原子力は不可欠の時代だ
日本原潜配備計画

■仲間均石垣市議会議員
<特別寄稿>
我が尖閣上陸の記

■桜林美佐
「武器輸出3原則」緩和だけでは解決できない特殊な事情
防衛産業を理解すれば国防が見える

■元航空幕僚長・田母神俊雄×評論家・渡部昇一
<緊急会談>
「日本人が今、日本のためにできること」

■家村和幸
自衛隊は何を守り、何と戦うのか
革命政権に文民統制される『暴力装置』の危うさ

■宮崎正弘
中東民主革命の波及を恐れる中国共産党
なりふり構わぬ中国政府のネット規制

■土屋大洋
機密メールやデータがこっそり読み盗られている!?
深く静かに潜航する中国のサイバー攻撃

■酒井信彦
侵略性の根本にある中華思想
全ての民族は「中華民族」という論理

■イリハム・マハムティ(ウィグル独立運動家)
<特別インタビュー>
国を奪われるということ

■大高未貴
アジアの諸国民から生声リポート
中華を大包囲するアジアの反中親日感情

■アリムラヨシヒロ
「アジアの連帯」を唱えて再び走る亡国への道
支那幻想に狂い続ける現代のアジア主義者

■三橋貴明
インフレとバブルに怯える脆弱な足腰を解剖!
世界経済を牽引する「大躍進中国」の真っ赤な嘘

■青山千春
間近に迫る商用化で資源大国への道を開くか
日本近海に眠る膨大なメタンハイドレード


◎column

■浄閑寺せつ
・「如果日本戦勝了日本」に読む漢化の恐怖
中国人とは何か?

■若杉大
・泥沼という戦い方
・空からエネルギーが降ってくる


◎連載

■西部邁
国家の危機を迎えた日本人に近代主義の危うさを問う「非常の思想」

■桜林美佐
自衛隊第五種接近遭遇リポート
「百年の剣を磨く」

■岩田温
「たしなみとしての岩波文庫」

■但馬オサム
「但馬流異色日本人列伝 ~中村天風~」

■杉原志啓
「書行無常」

http://www.amazon.co.jp/dp/477551685X



posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 18:04| 東京 ☀| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
副島隆彦氏のHPより貼り付け

海江田万里(かいえだばんり)経済産業相は、ぶるぶる震えながら「東電の責任は当然にある」と小さな声でしか言わない。細野豪志(ほそのごうし)”実質、原発大臣”は、「東電の責任がまずある」とはっきり言った。この二人の若い政治家の判断がまともである。しかし、ほかの原発推進派の、汚れた政治家たちは、たとえ若くても、民主党であっても、自己保身が先に走るので、東電の責任を口にしない。

 いまや福島県民にとっても極悪人である原発推進の張本人の、渡部恒三(わたなべこうぞう)(彼は自分の配下にある福島の会津にさえ一度も帰ろうとしない)と、その子分である佐藤雄平(さとうゆうへい、恒三の甥、かつ秘書だった)現職の福島県知事が、本当にいまの原発を推進してきた政治家たちである。ここが地盤である玄葉弘一郎(げんばこういちろう)も同じように東電の家来として原発推進派で育てられた政治家であだ。自民党の石破茂(いしばしげる)も、娘は東電入社で同じように原発の 絶対推進派である。彼らにとどまらない。

 このような大きな権力者たちの横のつながりは、IAEAやアメリカ政府に対してだけには、ビクビクして頭が上がらないその分だけ、日本国民を殺処分にしてもなんともない者たちだ。
Posted by at 2011年04月30日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。