2011年04月01日

『絵具と戦争』溝口郁夫



  『絵具と戦争』

    坦々塾 会員 溝口 郁夫


   坦々塾の皆さま、ブログをご覧の皆さまへ

 先月11日に発生した地震、津波、原発事故などで、皆様も色々とご苦労、ご心配されていることと存じます。日本社会の様相が一変し、その修復には長期間を要するようです。
 
 このような最中、四月上旬に国書刊行会より『絵具と戦争』を上梓することになりました。西尾幹二先生のご支援で実現しました。

 内容は、GHQが没収した藤田嗣治、向井潤吉、宮本三郎たちの残した「戦争画」や「従軍記」をベースに、先の大東亜戦争の実相の一端を明らかにしたものです。

 特に向井画伯の書いた『比島従軍記−南十字星下−』は、「バターン死の行進」が如何にウソであるかを、証明しています。

 この他、戦後GHQが没収し、昭和45年に日本に「無期限貸与」扱いで返却した153点の「戦争画」の過去、現在についても言及しています。絵と写真を数多く挿入していますので、読みやすくなっています。

 皆様、機会があれば手にとってみてください。

http://miyazaki.xii.jp/column/index34.html
宮崎正弘さんのHPでも紹介されています(事務局)


 溝口郁夫著『絵具と戦争』−従軍画家たちと戦争画の軌跡−

国書刊行会 定価2000円+税、平成23年4月上旬、発売開始

(ISBN978−4−336−05376−3)
絵具と戦争 表紙裏表紙 244k.jpg

 <目 次>

第一章 没収された従軍画家の本

第二章 従軍画家の戦争画

第三章 GHQと百五十三点の戦争画

第四章 戦争画と戦争責任
----------------------------------------------

 戦争画と彼らの従軍記が物語る「大東亜戦争の実相」

 GHQが没収した藤田嗣治、向井潤吉、宮本三郎の戦争画と従軍記。彼らは何を描き、何を記録したのか。GHQにとって何が不都合だったのか。

 作家たちが書き残した戦場の前線、行軍、捕虜たちの扱い。果たして伝えられる虐殺や虐待はあったのか!?

 戦時中の美術界の空白を埋める好著です。




posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 17:38| 東京 ☀| Comment(3) | 新刊のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非購入し、読みたいと思います。

興味深い本をお作りくださり、有難うございます。百聞は一見にしかず。きっと、大きな反響になると思います。
Posted by okusama at 2011年04月04日 20:44
古代ローマ帝国は、ギリシアの観念体系を応用し、“分割して統治せよ”を支配の手法に用いた。
近代ヨーロッパ人は、武力で侵略した後、バラバラに集団を解体し、観念(キリスト→近代思想)で洗脳して手懐け、支配を恒久化する手法を用いたが、この手法の起源こそ、古代ギリシアの観念体系を継承する「古代ローマ」に見てとれる。
(※欧米による戦後の日本の統治体制は、まさにこの手法に則っている。)

「武力」と「侵略した集団の解体」と「文明と隷属の等価交換」による略奪・支配の手法、そして支配者(市民)と奴隷という二極の社会構造こそ、近代ヨーロッパが古代ギリシア・ローマ文明から継承している中身である。

その意味で、人種的には異なれど、近代ヨーロッパは、共同体が崩壊したギリシア・ローマの文化(略奪性)と文明(思考・観念体系)を受け継いでおり、近代ヨーロッパ人と古代ギリシア・ローマは同根で、つながっている。
Posted by 貼り付け at 2011年04月05日 11:40
日本の科学者たちに、海外の研究機関から、スカウトの嵐だとか。これでまた、「福島原発による頭脳流出の嵐」ということになるかもしれない。以下のニュースである。


震災乗じ「海外移籍話」、東北大研究者らにメール 「研究できない」は風評
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110407/scn11040722460003-n1.htm
 東日本大震災後に、海外の大学や研究機関から東京大や東北大の研究者らにヘッドハンティングを働き掛けるメールが相次いで届いていることが7日、分かった。
東北大学の科学者が根こそぎされてしまうと、ますます日本の放射能問題を処理可能な科学者が減ることになり、ますます日本の存続が難しくなるだろうと見ている。

東北大学で一番有名なのは、材料科学である。東北大学が生み出した、KS鋼は実に有名である。このKS鋼によって強力な大規模永久磁石を作ることが可能となったのである。
Posted by 22 at 2011年04月11日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。