2011年03月19日

日本を守りたいA小池広行


  日本を守りたい A 

    坦々塾 会員 小池広行

   坦々塾、本ブログをご覧の皆さま

 皆様には報道されない現場の状況を少しでも当事者の立場からおしらせしようと
思い、大石さんにお願いして「日本を守りたい」という表題をつけて掲載をお願いしました。
その1回目が福島第二原子力の大槻さんのmixiへの書き込みでした。

 福島第二原子力発電所は私の故郷(最初の勤務地)でもあります。このような若い女性技術者が
いることに感動し、私自身涙が止まりませんでした。
 粕谷さんがNHKの方に紹介され、幹部の方も感動されて、本人とコンタクトを取られたと聞いています。

 さて、これは戦争です。あいては大量の放射能(燃料)、これらを冷却し、閉じ込めなければなりません。発電所のインフラは電気なし、水なしで最悪です。

 電気の復旧は全力で進められていますが、負荷となる各機器が動いてくれるかどうか、南無三!
それでもこの条件で戦わなければなりません。自衛隊はじめ、消防も一丸となって戦ってくれていますが周辺線量が非常に高く、1回あたりの作業時間は限られています。人海戦術しかありません。

 私は地震以降、現地に行きたいと志願していましたが、ようやく許可がでました。出発日時はまだ
調整中ですが、来週には福島第一へ行きます。福島第一の所長は私の畏友でもあり、西尾先生の大ファンでもあります。発電所の緊急対策本部にいる数十人の疲れはピークを超えています。


 このような状況ですので、「連載」などと大石さんに伝えたものの本投稿で最後とさせて頂きます。

 一度出発するとなかなか帰還できません。必ずやこの戦いに勝ち、「日本を守りたい!!」
私の慟哭の叫びと、信じてください。

 戦いの結果は歴史が判断してくれるでしょう。西尾先生が仰っているように歴史は未来からやってきます。子、孫の代の評価を待つしかありません。「よくぞがんばった」と語ってもらえるよう悔いのないように戦ってきます。

 皆様にはご心配をおかけし、本当に申し訳ありません。

        小池 広行 拝


posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 07:11| 東京 ☀| Comment(11) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小池様、大槻様
投稿を何度も読んでは、何度も涙を流しております。
転送した友人もまた、涙が止まらなかったといい、自身のブログに掲載してくれました。
日本という国家の安定と繁栄が、こうした使命感に燃えた多くの国民に支えられていることに、いま改めて日本人は気付いています。献身や自己犠牲という言葉でも言い表せない、各方面での皆様の姿は報道を通じて広く感動を呼んでいます。国内ばかりでなく、世界のあちらこちらからも賞賛の声があがっています。
本当にありがとうございます。多くの国民が、何もできない個人の無力に絶望しながらも、それでも祈り、わずかばかりの不便ではあっても、無言で耐えています。

戦地に赴かれる小池さん。どうか祖国のために立派に戦ってください。国民もこうした勇敢な行動に対して心から尊敬の気持を抱いています。それは未来を担う人々にも必ず継承されていきます。我々にはそれを語り次ぐ責任があります。まずは我が子に話して聞かせたい。そうしてこうした行為の持つ意味をしっかり理解してほしいと思います。
どうかご無事で、敵を殲滅してきてください。皆さんは国家の英雄です。遠く東京の地より皆様の安全と成功を祈念申し上げます。

坦々塾 会員 浅野 正美
Posted by 浅野 正美 at 2011年03月19日 12:17

小池さんの武運長久を祈ります


小池さん、自ら志願された上、福島原發
へ御出征の由、敬服、感謝に堪へません。
この上は、日本の爲、我々の爲に御健鬪
を切に願ひ上げます。私などには想像も
つかない困難、危險に立ち向かはれるの
でせうが、その全てに打ち克たれた上、
御無事で凱旋されることを祈らずにはゐ
られません。神樣、この勇士に御加護を
賜りますやうに!

Posted by 池田 at 2011年03月19日 14:57

 坦々塾の一員として、私達の仲間に、小池さんのように国運の最前線に赴かれる方がいることを心より誇りに思います。

 質の低い風評が国内外に流れているようですが、徹底徹尾、現実的に考えても、東日本全域からの日本人の避難などできるはずがありません。そういうふうに腹をくくれば、自然と心が落ち着きます。その上で、小池さんのような勇気ある戦士に私達のこれからを託したいと思います。

 チャーチルに「歴史上、かくも多くの人の運命が、かくも少ない人の勇気に依存したことはなかった」という言葉があります。バトル・オブ・ブリテンの最悪の時期を最前線で切り抜けイギリスの国運を回復した数百人のイギリス空軍パイロットを称しての言葉ですが、その言葉は今まさに小池さんたち原発の最前線にいらっしゃる方たちにもささげられる言葉だと思います。

 小池さん、戦いが終わったあと、お互いまた笑顔で杯を酌み交わしましょう。そのときの酒宴は、私達の運命を救ってくれた小池さんの勇気に感謝する席となることでしょう。


Posted by 渡辺望 at 2011年03月19日 17:47


 小池さんの使命感と責任感に敬意を表します。
危険を覚悟での志願だと思います。ご無事と成功をお祈りします。

尾形拝


Posted by 尾形 at 2011年03月19日 18:18
小池広行 さま

どのように申し上げて良いか、言葉に詰まります。

坦々塾で同席させて戴きましたことを誇りに思います。

昨夜、「日本を守りたい@小池広行」を拝見させて戴きまして、心が落ち着きました。


大石様

こういう時期ですから、ずいぶんと細やかな神経をお遣いの上で運営されていると思います。
ありがとうございます。
Posted by 桜子 at 2011年03月19日 23:21
小池さん、福島行きをご自分から志願なさった由、大変なことであり、ご立派です。

任務を果たされ無事帰還される日をお待ち申し上げます。

その際にはぜひ一献さしあげたく存じておりますので、お受け下さい。

   足立誠之


Posted by 足立誠之 at 2011年03月20日 13:45
 小池様が危難の地に赴かれると伺い、謹んで任務の御成功をお祈り申し上げます。
 いずれ塾でお話をおうかがいできることになろうと存じますが、その折りには宜しくお願い致します。本当に気をつけて下さい。
Posted by 横久保義洋 at 2011年03月20日 14:05
小池様

地震がおき、福島原発の事故がおき、私たち以上にどれほどの心痛だったろうかとお察し申し上げます。

大変な任務とは思いますが、心から応援しています。本当に有難うございます。
Posted by okusama at 2011年03月21日 21:25
小池様

この度の御覚悟に深甚なる敬意を表します。

世界が未曾有の三重苦の災害に向き合う日本民族の気高さを激賞していますが、私の知り合いの中からその体現者が顕れたことを知り、誇らしい気持ちで気分が高揚しています。

原子力発電に人生を掛けてこられた小池さんにとって福島原発の事故は居ても立っても居られない思いで見ておられた事とお察しします。
暴走する原子力をもう一度人間のコントロール下に置くことができるかどうかは、日本存亡の危機に直結しています。どうか全知全能を以てなんとか日本を救って下さるようお願いしつつ、ご活躍を陰ながら応援しています。

エネルギー資源のない日本が生き延びるために原子力はなくてはならないものです。民主党はエネルギー政策の将来の展望もなく、原発全廃を掲げて国会解散後の選挙を制しようとしていますが、それに対抗する為にも一人の犠牲者もなく福島は収束させねばなりません。小池さんには何が何でも無事帰還して戴きたく、万全のご注意の上でご活躍下さいますよう祈っています。

つくる会東京 石原隆夫 拝
Posted by つくる会東京 石原隆夫 at 2011年03月22日 15:32
東北関東大地震を2月16日に予言していたブログ。

ブログ『幸福への近道』
記事元は「井口和基の公式ブログ 」
http://quasimoto.exblog.jp/14433340/

人工地震についてもアプローチを!

「ちきゅう」を拿捕せよ:そこら中に地震兵器を埋め込まれる可能性あり!?

海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が、メタンハイドレートが蓄積しているなど資源、地球環境の両面で注目されている下北半島東方の太平洋底掘削調査に15日から挑むことになった。
掘削地点は、青森県八戸沖約80キロ、水深約1,180メートルの海底。これまでの科学海洋掘削における世界最高到達深度は海底下2,111メートルだが、計画では海底から2,200メートル深くまで掘り進んで試料を採取する。
掘削は、日米両国が中心となっている統合国際深海掘削計画(IODP)と稲垣 史生・海洋研究開発機構上席研究員(共同首席研究者)を初め、日、米、ドイツ、イギリス、フランス、オーストリア、デンマーク、カナダ、中国から32人が参加する。
http://quasimoto.exblog.jp/
Posted by 22 at 2011年03月22日 16:23
原発の現場監督を20年やった平井憲夫さんという方の告発です。もう10年以上前に逝去されていますが指摘はいまだに生々しいです。
この現実知り合いの方に送りましょう。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

筆者「平井憲夫さん」について:

1997年1月逝去。
1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。
「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました。
Posted by 22 at 2011年03月31日 04:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。