2011年03月01日

『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』早瀬善彦


  『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』

      坦々塾会員 早瀬 善彦

   坦々塾の皆さま、ブログをご覧の皆さまへ

 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろですが、坦々塾の皆さまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。いつもお世話になっております、日本保守主義研究会学術誌『澪標』編集長で京都大学大学院の早瀬善彦です。今回はこの場をお借りしまして、新刊ならびに日本保守主義研究会公開講座のお知らせをさせて頂きます。

 去る2月25日に、『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』(総和社・定価1260円)が発売されました。監修は渡部昇一先生で、坦々塾代表の西尾幹二先生もご執筆されています。なお、私も僭越ながら執筆に参加させて頂きました。

 日本は憲法で滅ぶ 表紙.jpg

 タイトルからすると中国問題、防衛問題がメインのように思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。中国問題というよりは、憲法問題を真剣に扱った作品で、かなり思想的に掘り下げられた重厚な議論が展開されています。

 ちなみに、西尾幹二先生は、中国という存在を、「古代専制国家体制」の構造を抱えた異常な国であると分析した上で、日本のとるべき道としての憲法改正を主張されています。時事的な話題のなかにも、きちんとした本質論が組み込まれ、さすが西尾幹二先生といった素晴らしい論考です。

 本書は、坦々塾の皆さまにもご満足いただける内容であると確信いたしております。興味をお持ちの方は是非とも、書店やネットでお買い求め下さい。何卒よろしくお願いいたします。

アマゾン http://p.tl/RQiq
セブンネット http://p.tl/YiWt
楽天ブックス http://p.tl/UK-N
出版社サイト http://www.sowa.ne.jp/kenpou/

 さて、本書の発売記念と致しまして、日本保守主義研究会では以下のとおり、公開講座
を開催することとなりました。こちらの方にもご参加頂ければ幸いに存じます。

※日本保守主義研究会 第2回公開講座
「日本は憲法で滅ぶ〜中国は攻めてくる!」

 昨年9月に起きた「尖閣事件」は“中国”という驚異の存在を国民に見せつけました。民主党政権の無策の間に尖閣諸島をはじめ、竹島、北方領土など領土問題は、深刻の度合いを一層深めています。

 なぜ、日本が尖閣問題を初めとした「日本の危機」に対処できないのか。その根本問題こそ「日本国憲法」にあるのではないでしょうか。今回は新刊『日本は憲法で滅ぶ〜中国は攻めてくる〜』刊行を記念し、日本国憲法に潜む「革命性」と、憲法9条を国防の観点からではなく、その背後にある思想、不道徳性の観点から考えます。

日時: 3月6日(日)14時から
場所: 日本保守主義研究会事務局会議室
(新宿区弁天町2番地グランドステータス寿賀原5階)
交通アクセス: 地下鉄東西線早稲田駅1番出口を出て左、早稲田通りを神楽坂方面に徒歩5分、ガソリンスタンドの向いのビルの5階です。(1階が中華料理屋のビルです)

演題: 早瀬善彦「国防意識の喪失と憲法九条
           〜護憲論者の不道徳性とアリストテレスの徳論〜」
    岩田温「日本国憲法と『革命』〜八月革命説をめぐって」

の二本立てです。

定員: 30名(定員になり次第締め切りとさせていただきます。なるべく事前にお申し込み下さい。)
会費: 1500円(資料代込み)

なお、当日新刊『日本は憲法で滅ぶ』(総和社刊、渡部昇一監修)を特別価格1000円にて販売いたします。

参加申込はこちらから。
http://form1.fc2.com/form/?id=533120


posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 11:31| 東京 ☁| Comment(2) | ゲストエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国は、中原に鹿を追う伝統的な覇者の国。
だから、中国人に覇権主義は避けられない。
力を示したものが覇者となる。
漢民族が、東夷 (とうい)・西戎 (せいじゅう)・南蛮 (なんばん)・北狄 (ほくてき)に対して種々の要求をする。
議論を好まない。覇者はただその力を示す。
口実は、その後からついてくる。

中国語には、時制がない。
中国人は、現実しか語らない。
聖人と呼ばれる孔子でさえそうであった。
宗教の内容など、彼らにとってどうでもよいことである。宗教は、何でもあり・何でもなしである。
自分の都合が悪くなれば、覇者は書を燃やし儒者を坑する(儒者を生き埋めにする)。
このやりかたは、今日に至るまで変わることがない。

力は正義である。(Might is right).
自分の考えている「あるべき姿」の内容を相手に穏やかに話し、手には棍棒を持っているのが上策である。さすれば、正義は我が方に来る。
日本の武士の子孫は、余念のない刀の手入れを怠っているのではないか。
力不足であっては、実効支配もままならない。
それでは、歌詠みにでもなるか。
文武両道は難しい。


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812




Posted by noga at 2011年03月01日 13:36
3月6日(日)に東京工業大学 大岡山キャンパス講堂で、【小室直樹博士記念シンポジウム−社会科学の復興をめざして−】が行われました。

ユーストリームに動画があります。
一部・前半後半。
二部・前半後半。
以下のアドレスは二部前半です。
http://www.ustream.tv/recorded/13123376
Posted by 貼り付け at 2011年03月12日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。