2011年01月15日

石原さん、池田さんの文を読んで一言 等々力孝一



石原さん、池田さんの文を読んで一言。

          坦々塾会員 等々力 孝一

 福田恒存の「変節」とは、少し言いすぎではありませんか? 西尾先生は、そのような言葉を使っていますか? 小生、耳がよろしくないので聞き落としているのでしょうか。

 福田恒存も、「よく分からなかった」、或いは、「見失った」のだと思います。その辺がよく分かっていた人は、ほとんど追放されてしまった。今日、西尾先生の先導によって、福田恒存の「分からなかったこと」「見失っていたこと」を理解しうる地点に到達している(或いは、到達しつつある)、というように、小生解釈しているのですが。



posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 17:06| 東京 ☁| Comment(0) | 寄せられたコメントより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。