2011年01月12日

平成23年新年会 石原隆夫

坦々塾事務局へのご連絡は
tanntannjyuku@mail.goo.ne.jp
にお願いします。




ブルータスお前もかの福田恆存


        坦々塾会員  石原隆夫


 坦々塾の今年の新年会は、世相に対する不安もあってか大いに賑わった。
同じ思いを持つ仲間達と顔を合わせ談論するのは心地よいものである。
まして塾長から新しい年の希望に満ちた力強いお言葉を聞けると思えば尚更である。
会場は少々狭かったが、皆が膝を寄せ合う寺子屋のような雰囲気の中で塾頭のお話しが始まったが、余り冗談もなく始めから何となく重苦しい雰囲気であった。

 田母神元空幕長解任時の麻生首相と塾長に纏わる秘話は、政治家の実像が如何に我々の理想と遠いものか改めて思い知る話であった。安倍、麻生と期待された政治家に裏切られ続けた保守としては、既成の政治家にもはやなにほどの期待もするものではないが、福田恆存に纏わる講話は私にはショックであった。

 昭和20年を境に多くの知識階級が手のひらを返すように日本を裏切った。
その中にはGHQに囚われて手先となった者、公職追放の恐怖から自ら変節した者、要領よく立場を変えた者など、いわゆる戦後利得者と言われる者達だが、揃って戦前戦中の言動を懺悔し、軍国主義を呪う事が新生日本の指導者になる為の禊であった。

 その中にあって福田恆存の孤高の存在は、戦後保守の原点のように私などは思ってきたのだが、塾長の冷徹な思考は福田の書いた「文学と戦争責任」の中に彼の変節を指摘するのである。

 福田はその中で、文学者の戦争責任とは何か、と問い『ミリタリズムの強圧の下に国民に対して宣伝的文字を筆にしていた。しかし、それはあくまで暴力的な強制によってしいられたものであ』り、『心ならずも戦争を正当化し美化する文章を書かざるを得なかった』と、自らも含めて戦争責任を問われる文学者を擁護するのである。

 福田の論理は、戦争は日本軍国主義によって引き起され、国民の生活と自由を奪いその事によって犯罪を形成した。文学者の多くはその犠牲者であると言うものだ。
 この書には大東亜戦争を戦わざるを得なかった日本と日本人の運命に対する文学者としての視点は微塵もない。

 この書は1946年11月に書かれたが、東京裁判史観にどっぷりと浸かった思考の退廃を見る思いである。(同年4月29日(天皇誕生日)に東京裁判で戦犯が起訴された。)

 戦後66年経つが、福田がそうであったように日本は未だに東京裁判史観から脱却できていない。
大東亜戦争を民族の誇りとして評価しない限り、この闇は続くに違いない。
あの戦争の目的は、日本も含めてアジアの白人支配からの脱却であった。
日本は独りで戦い、戦争には敗れたがアジアの独立を勝ち取った。
アジアの支配を永続化しようとした戦勝国は結局全てを失った。
戦争の目的を達したのは日本である。
従ってあの戦争の本当の勝利者は日本である。
「大東亜戦争は日本の誇り」なのだ。
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 07:09| 東京 ☁| Comment(1) | 坦々塾報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の原発問題が同じです。欧米、特にフランスで余った核の処理に困り、日本に押し付けているのです。原爆は作れないし、使用済み核の処理に困った挙句、日本に押し付けているのです。フランスの下品な大統領がすっ飛んできたのは、核を使いつづけなければ、また、第二次大戦のごとく痛い目にあわせるぞ、と脅しをかけに来たのです。当時、石油問題が日本にとって大変だったことを考えると、また、燃料問題で白人に脅しをかけられています。
日本は世界有数の降雨量のある土地です。水力発電の可能性は莫大です。そして、太陽光発電です。日本中の屋根を借り切ってしまえば原発なんぞ要りません。白人の言うとおりは,もう嫌です。
Posted by きらきら at 2011年10月17日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。