2010年12月12日

『戦略と戦術で解き明かす 真実の「日本戦史」戦国武将編』家村和幸





 私のお友達の家村和幸さんの新刊が出版されましたのでご紹介します。

 私は囲碁を習い始めましたが、「先を読む」ということと、「過去の棋譜」を勉強します。
過去から学ぶ。江戸時代の「棋譜」も勉強になります。

 同じように歴史を学ぶということは、今を学ぶ上で重要なことだと思います。


 この本は図解入りで分かりやすく解説されています。
 480円で学べる戦史。お手軽です。♪

 12月5日に発売されていますので、本屋さんでどうぞ。アップが遅くなってごめんなさい。

     坦々塾事務局 大石 朋子

///////////////////////////////////////////////

真実の日本戦史 家村さん.jpg



初冬の候、いかがお過ごしでしょうか。

 この度、新著を出版致すこととなりましたので、紹介いたします。

 ご一読いただければ幸いです。

 「戦国時代とは、日本の中に小さな国際社会が現出した時代」と捉えると、いろいろなものが見えてきます。全体的に統制力を欠き、大国と小国が乱立し、互いに覇を競い、存亡をかけて鎬(しのぎ)を削る「戦国乱世」とは、実は現実の国際社会そのものなのです。

 厳しい「乱世」に生きる時代とは、世俗の欲得にまみれた醜悪な非理非道がまかり通る時代でありながら、その反面、ある意味で人間が最も美しく光り輝いて生きる時代でもあります。

 私は元軍人として戦略・戦術という観点からこの時代に切り込んで見ました。

        日本兵法研究会 会長  家村和幸


12月5日発売

『戦略と戦術で解き明かす 真実の「日本戦史」戦国武将編』

  宝島社 宝島SUGOI文庫 480円

 
 本書は純粋に戦略・戦術的観点から我々に馴染み深い戦国時代の戦史を分析し、解説することにより、読者各位
に戦略・戦術とは何か ― を具体的に理解していただくことを目的とするものである。(「まえがきにかえて」より)

(オビ広告文)

   戦略のプロが検証する戦国武将の用兵術!!
    戦国時代を生き抜いた武将たちの知略とリーダーシップ!

   ニセ情報を駆使した謀略戦・・・毛利元就
    戦わずして敵を懐柔!・・・武田信玄
     徹底した各個撃破と多面作戦・・・織田信長
      50Kmを5時間!完璧な兵站・・・豊臣秀吉
        三州統一段階と内線作戦・・・戦国島津家

(内容紹介)

 まえがきにかえて
  なぜ、今、戦国時代に学ばなければならないのか・・・

 第一章 乱世を生き抜く知謀 毛利元就

 第二章 孫子兵法の体現者 武田信玄

 第三章 天下布武の戦略 織田信長

 第四章 心の争奪戦で天下統一 豊臣秀吉

 第五章 若すぎた奥州の覇者 伊達政宗

 第六章 九州制覇の夢破れる 戦国島津家

 第七章 日の本一の兵 真田三代

 各章コラムでも有名武将たちの戦略・戦術・戦法を紹介!



著書は「名将に学ぶ世界の戦術」、「真実の『日本戦史』」
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 21:54| 東京 ☁| Comment(0) | 新刊のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。