2010年05月05日

台湾に古き良き日本を探して 松山久幸


    <台湾に古き良き日本を探して

        坦々塾会員 松山久幸

 4月の上旬から中旬に掛けて、台湾を訪問しました。外を歩けば少し汗ばむ程度の実に温暖な陽気でした。  今回は桃園県忠烈祠(旧:桃園神社)を訪ねてみたかったのです。台北駅から各駅停車の電車に乗り7ツ目か8ツ目の桃園駅で降り駅前からタクシーで6〜7分のところにその神社はあります。  入り口の石段を上ればもうそこは日本でした。上の笠木だけは外されてはいるが石製の立派な鳥居がまず目に入ります。手水舎、社務所、狛犬、神馬などもそのままである。本殿は扁額こそ台湾式に置き換えられ、祀る対象が台湾の烈士になってはいるものの然程気にはならない。外観は当時のそのままの姿を留め、清楚で静謐な境内はまさしく日本そのものと言ってよいと思います。            
画像123.jpg                                                                      
 戦後、蒋介石政府から破壊命令があったにも拘らず、当時の桃園県長や桃園市長らによる存続の強い働き掛けと住民投票によって、辛うじて残されたものだという。戦前、台湾には68箇所の神社が存在したが、この桃園神社を除き悉く取り壊されてしまった。                                            名越二荒之助先生編著の「台湾と日本・交流秘話」は「桃園神社はきわめて貴重な神社であることに変わりはない。それは単に、建物が建築当時の様子にほとんど変わらず残っているからばかりではない。当時の姿のままに残そうとした、日本時代を知る台湾の人々の心にこそ私たちは思いを馳せるべきだろう」とそれを高く評価しています。親日台湾人の思いが我々日本人にストレートに伝わって来る稀有な空間といってよいでしょう。       

 帰途、台北駅地下通路で映画「海角七号」に主演した范逸臣の大きな宣伝用看板に偶然出くわした。当ブログにて「海角七号」を紹介したものとして、台湾との不思議な縁に驚かされる。  翌日訪れた台北市西門町の「紅楼」や昨年8月オープンした龍山寺近くの「剥皮寮」も古の日本時代を彷彿とさせてくれる。                                           
 盗用ばかりの上海万博を見るよりかは、心和む台湾の方を私は是非お薦めしたい。


                                    平成22年5月5日 
                                         坦々塾会員 松山久幸
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(12) | ゲストエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松山久幸様
お久しぶりでございます。
台湾へいってらしたのですね。
5月10日元台湾少年工の方たちと恒例の靖国昇殿参拝を済ませてから、白金の台北駐日経済文化代表処を訪問する予定です。
私にとっては、毎年台湾の皆様をお迎えして
懇親会で「うさぎおいし♪〜かの山♪〜」
と合唱する時の感動は、言い知れぬものがあります。
毎年、「台湾に来てください」といっていただいて、孫や、年老いた母の事が心配で、行けずにいますが、今年あたりは、台湾に植えてきた桜の様子を見に出かけられたらと思っています。

Posted by bunn at 2010年05月06日 23:03
bunn様
本当にお久しぶりです。         このところ、土日の休みの日は反日小鳩政権のお陰で様々な活動に明け暮れて実に大忙しです。民主党に大事な1票を投じた人で、今になってシマッタと思っている向きもかなり多いようですが。            そんな中で久しぶりに台湾に行って来ました。景気の方は日本と余り違わないようでパッとしません。台北市内のバイクの群れは相変わらずの凄さで、いつ行っても驚くばかりだというのに。
桃園神社は再訪ではございましたが、きっちりカメラに収めることが出来、皆様に写真付でご紹介が出来ることを大変嬉しく思っております。
題名からしても愚生の台湾の旅はまだまだ続きそうです。  松山久幸                                    
Posted by 松山久幸 at 2010年05月07日 22:39
>松山様
台湾の桃園神社の写真有難うございます。

私の母は女学校にあがるまで台湾で暮らしていました。今でも台湾大好き人間です。私自身も旅行で訪れ、公園で日本の唄を歌う老人達にであったりしました。中国に飲み込まれないで欲しいですね。
Posted by okusama at 2010年05月09日 13:23
okusama(様)
私の拙いブログをお読み戴き真に有難うございます。文章だけよりかは写真の一葉でもあれば桃園神社の雰囲気を少しでも実感できるのではと思い、事務局に無理矢理お願いして載せてもらった次第です。        台湾の女学校に通われたご母堂様が今でも台湾大好き人間であられることを大変嬉しく思います。okusama(様)も公園で日本の唄を歌う台湾の老人達に嘗てお会いしたとのこと。もしかしてそれは台北龍山寺前の公園ではなかったでしょうか。私も2〜3年ほど前にその公園で老人達が「愛国行進曲」などを歌っているのを目の当たりにし、涙が出るほど感激したことを今でもありありと思い出します。                   海外の公園で日本の唄を歌う人達が居るのは恐らく台湾だけではないかと思います。もし今度台湾を訪れた折りは是非カラオケ(卡拉OK)クラブに入ってみてください。台湾人のお客さんの歌う日本の演歌を何曲か聴けることは間違いないでしょう。       そのような親日国家台湾を日本は支那の魔手から何としても守る義務があるのではと私は痛切に思います。             松山久幸
Posted by 松山久幸 at 2010年05月09日 22:29
松山久幸様
okusama様

昨日、台湾元少年工の方達、そのご家族とご一緒に靖国昇殿参拝、感動を新たにしました。もう何度も体験しているのに、毎回心清められ、改めて日本人である事に喜びを見出します。
その後、お尋ねした代表処での大使の「赴任は、嫌だった、単身赴任になることは判っていたから」「わずか一年半の日本の生活ですが、日本が大好きになりました。」
私が単身赴任と知っているから家族や知人が
200日近くゲストルームを使っているので
まるで民宿のようだ」と話されておられましたが、気さくな男丈夫な大使は、俳優さんになれるような容姿。日本語もお上手で、お母様の好物のうな重をご馳走になりながらの歓談は、とても家族的で、益々台湾を身近に感じたひと時でした。
Posted by bunn at 2010年05月11日 08:53
bunn様 okusama様
台湾元少年工の方々との心温まるご交流に深く敬意を表します。
代表処の馮寄台大使はなかなか気さくな方のようですね。産経新聞社発行の月刊雑誌「正論」5月号で馮大使は「台湾は共産中国の膝下には屈しない」と発言されており大変心強く感じますが、その一方で「反共和中」も強調されており「和中」では支那に呑み込まれてしまうのではと少し心許ない気も致します。国会議員143名を含む総勢622名の大朝貢団を繰り出しての土下座外交なんかをする某国よりかは余程マシかも知れません。 
今年の10月から羽田と台北松山空港の間に直行便が就航するそうです。台湾が我が日本にとって益々身近な国になること請け合いです。
 松山久幸
Posted by 松山久幸 at 2010年05月12日 16:49
新宿で、故許昭栄さんの三回忌新宿の中華料理屋さんで、台湾大好きの方々、許さんに、お世話になった人々が、大勢駆けつけて和やかな「偲ぶ会」でした。
西尾先生、に推薦文を書いていただいて、本が売れ行き好調と喜んで居られる方と、その後書店周り、店員さんが、「あーあーあの本ですね。」とすぐ持ってきてくれました。
私も一冊購入、何処の書店さんでも、とても目に付きやすい所に配置してくださり、彼女も喜んでいました。西尾先生の推薦文が素晴らしいから、、と、本人は言ってました。
Posted by 今日は、、 at 2010年05月16日 21:16
松山様

台湾映画「海角七号」を推薦します。 から始まった、松山さんと私との出会いでしたが 驚くことに、西尾先生の推薦文が良いから本の売れ行きがいいのよと仰っていた河添恵子さんの 「中国人の世界乗っ取り計画」読み進めて「海角七号」の事が随所に出てくるのです これは、松山さんに是非読んで頂きたいと、書き込みさせて頂いています。 産経新聞出版、定価1300円です。

   ☆     ☆    ☆

buunさんから一月の記事にお寄せいただいたコメントですが、ここに再録させていただきます。

 buunさんお元気そうで何よりです。またお目にかかれる日を楽しみにしております。
   坦々塾事務局 大石

Posted by 坦々塾事務局 大石 at 2010年05月18日 23:47
大石様

お世話かけてばかりでごめんなさい。
昨日は、二男の孫のお宮参り、飛んで帰って、
長男の孫の世話、、、
貧乏暇なし、、健康だからこんなに飛びまわれると、友人に励まされながら、
というかノー天気だから、私。
「中国人の世界乗っ取り計画」沢山の人に読んでほしくて。
Posted by bunn at 2010年05月19日 06:32
>松山様
>bunnさま
台湾は生命線ですね。
大事にしていきたい国です。

>bunnさま
台湾元少年工の方々との交流、ご苦労様です。いい経験をいつもしておられますね。お孫さんのお宮参り、おめでとうございます。こういう仕来りって、大事だなぁと思います。

それから、私も河添さんの本、読み始めたところですよ。
Posted by okusama at 2010年05月22日 08:54
okusama様
有難うございます。
お宮参りが終わるとホットですね。

長男の孫が昨日帰って行きました。
孫が恋人なんですよ。
何でも、バァバァどうぞ、半分ずつなんです。
そうそう、お宮参りした神社に、恵子さんの本を忘れてきちゃさて、嫁が問い合わせたら「あのぅぅ、中国人が、、、」と言いよどんでいたとか、警察官の次男が取りに行って「お母さん、余り過激な事しないでよ、」と釘を刺されましたが、、恵子さんは、逆に本を持って行ってくださったの、縁起良いかも
なんて喜んでくれていました。
西尾先生のお力で、恵子さんの本は売れ続けています。昨日も産経に広告でたから、みて
ーと連絡ありました。
改めて、西尾先生へ感謝しておられることでしょう。
私は、これから三島由紀夫研究会の公開講座です。孫のおもり、自分の好きなこと、交互に出来ることが幸せかもしれませんね。
Posted by bunn at 2010年05月22日 14:09
bunn様 okusama様 今日は、様
河添恵子さんの本はどんな本なのかこれからの愉しみなのですが、台湾に関連してその前に読んでしまった本があります。酒井充子さんの「台湾人生」(文藝春秋1,650円)です。当人が監督をした同名の映画の方は既に観ていましたが、それを文章化したものです。  酒井さんは12年前に台湾を訪れて、そして台湾に嵌ってしまった方のようです。日本語を流暢に話す台湾のお年寄りとの交流の中で彼女は戦前の良き日本を発見出来たのではないでしょうか。          今、台湾の日本語世代はかなり高齢化しております。その彼等の貴重な発言がその本の中に歴史の一部として記されております。
Posted by 松山久幸 at 2010年05月23日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。