2009年12月22日

COP15が終わって 小池広行



    COP15が終わって

     坦々塾会員 小池広行

 連日の新聞報道のとおり、各国の駆け引きは壮絶なものでした。

 辛うじてまとまった(しかし「採択」はされなかった)「コペンハーゲン合意」(Copenhagen Accord)の評価はまちまちですが、最大のGHG排出国である米中とインド、ブラジルなど新興国をなんとか形だけでも取り込んだという意味では最低の合格点は取ったとも見られ、例えば国連事務総長は、「出発点」として努めて肯定的に評価しているようです(ただし、2010年初めには、法的拘束力を持った合意にする必要あり)。

 一方開発途上国を含む多くの国は今回拘束力のある合意文書を採択できなかったことや、米国など大国中心の取りまとめ方に不平、不満で、COP15は失敗だったと評価しているようです。温暖化による海面上昇などで最も被害を受ける小島や最貧国が強い不満を表明しているのは当然でしょう。環境NGOたちは、具体的な削減目標が示されなかったことで、「歯のない失敗」(toothless failure)と酷評しています。

 しかし、会議が終わってみてはっきりしたのは、米中が、うまく切り抜けた、逆に言えば、両国にうまくしてやられた、というのが率直な印象で、米中の作戦勝ち、とくに中国の粘り勝ちが目立ちます。オバマも、消極的な議会と、頑固な中国の間で苦労したのでしょうが、結果的には予期した結果を得て満足しているはず。やはり米中(Chimerica)はしたたかで、今後も要注意。

 日本政府と日本人にとっては、良い勉強になったのでは?(京都会議の失敗を繰りかえすな、との思いはあったはず) 勝負はこれからで、作戦の抜本的建て直しが不可欠。ただ、今回鳩山さんが早々と「25%削減」と巨額の財政支援(3年間で1兆7500億円)という2つの切り札を切ってしまったので、さて今後どうするか? 振り上げたナタはやはり国内(日本人)の問題として残り、他の政策同様混沌とすること、まちがいない。(涙)

文責 小池 広行
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 19:26| Comment(0) | ゲストエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。