2009年08月31日

『「権力の不在」は国を滅ぼす』鈴木康陽


  『権力の不在は国を滅ぼす』を読んで

   坦々塾会員  鈴木康陽

日本の運命を決定する分水嶺で警鐘を鳴らす西尾幹二氏の最新著書の感想

私が最近、最も勉強させられた本は、八月中旬ワック社出版の『「権力の不在」は国を滅ぼす』と題する西尾幹二氏の著書である。即ち将来、いや明日の日本国の姿を決する最も重要であり、且つ大きな歴史の流れの中で、平和惚けして居ると、我が国の種々の決定権を他国に握られてしまう危険、いや既に、或る面は握られてしまった日本人は、今こそ自国の歴史を他国にとって都合の良い一部を抜き出した額縁で考えるのでなく、世界の大きな流れの中で、何故日本が戦争にひきずり込まれねばならなかったか等を冷静に見、誤った固定観念を破るべきだと、次々と訴えて居る。著書を読むに連れ、成る程そうだ、そう考えねばならぬと感銘した個所を朱印を記しつつ読んでいたら、ページによっては70〜80%の連続の傍線、これは西尾幹二氏が素晴らしい文化と誇りを持つ日本を、心の底から愛して居るが故に、このままでの日本の将来を心配した結果の気持ちを、率直に書いた事が痛い程理解できた。読み耽ると時間が経つのも忘れ、全ページを読み終えた時、私の間違った先入観の甘さに、ハッと気付かされ顔が赤くなる思いをした。

 著書の中で第二次大戦前、日本を保護してくれる国は無く、当時むずかしい政治、外交、軍事他全ての問題を日本独自で決定せねばならなかった日本であった事、又、時代は変わり今、村山、河野談話が、いつか世界への証文になってしまう危険さ、重国籍法が後日大きな日本に不利な傷跡を必ず残す問題、皇室、靖国他、沢山の問題について、個々に正論を記述して居る西尾氏の警告を、しっかり心に刻み、世界に誇る文化と伝統を持つ日本を、子供、孫、後世の世代に引き継ぐ責務が絶対にあると、強く教えられた感動の著書である。

              文責:鈴木康陽
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 13:56| Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。