2009年06月24日

鈴木敏明著『逆境に生きた日本人』岩田温



 鈴木敏明著『逆境に生きた日本人』(展転社)

        坦々塾会員 岩田温

 著者の鈴木敏明氏とは西尾幹二先生の勉強会の坦々塾でお会いしました。それがご縁で最新刊を頂きました。

画像.jpg


 「逆境に生きた日本人」は実に面白い内容となっていて、日本人が逆境の中でどのように生きたのかということを具体的を挙げながら述べられている。
 私が特に興味深く思ったのは、第4章のシベリア捕虜強制収容所、いわゆるラーゲリの話である。
 ソ連のやり方は非常に巧妙で、まず収容当初は旧日本軍の階級制度を残したままにしておく。例えば将校であれば食事や労働において優遇したりなどの特権を与えていたのだ。これに対して、一般の捕虜に壁新聞などで「彼らに搾取されている」「なぜ平等ではないのか」とプロパガンダを煽り立てる。すると、彼らの中で「なぜ差別されるのか」という感情が生まれ、そこを見計らって日本人の中からソ連に媚を売る人間が出てくると言う話だ。

 これが非常にうまくいって、いわゆる民主化闘争などと呼ばれるものに発展していく。これは結局はこれまでの秩序を破壊するために、反軍隊制度の思想を徹底的に煽ったのだ。

 これに逆らった人間に対するやり口が非常に恐ろしい。まるで文化大革命を思わせる。ここで吊るし上げられるのは将校だが、どんなに弁明したところで「反動」の烙印を押され、被告とされた「反動」に対して全員が衆人環視の中で罵言を浴びせる。その中で活動家たちが「民主主義の敵だ」「もっとやれ!」「やっちまえ」と叫ぶのだ。これは単に場内の興奮を煽るだけではなく、この人々の中から同情者を探してもいるのだ。そして、そのとき目をつぶっていたり、うつむいたりして耐えていた同情者が、今度は標的となるのである。

 これはチベットで中共が行ったとされるタムジンという制度に非常によく似ている。共産主義の恐ろしさ、そしてそれに媚び諂い迎合してしまう日本人がいたことを明らかにしている。

 最後の「日本人の資質が生んだ自虐史観」という章については、私も若干の異議がある点があるが、非常に参考になる本である.
       文責:岩田 温

http://yaplog.jp/conservative/daily/200806/05/
2008年6月6日 「岩田の日記」より再録




posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 00:04| Comment(0) | 坦々塾報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。