2009年04月12日

皇居のお堀の話

 天皇 皇后両陛下のご成婚から50年、私の人生の大部分のはずなのに、この50年は空気のように流れてきました。

 当たり前のようなことが当たり前ではなかったことを知って、改めて勉強不足を恥じたものです。 

 ご成婚パレードの記憶は、正面に皇居、右に日比谷という構図でお堀の沿道にいっぱいの人々と旗で埋め尽くされていて、お堀の水が輝いていたいたことが思い出されます。


 ところで最近知りましたが、東京は早い時期に下水道が完備された地区と遅くまで完備されなかった地区とに大まかに分かれています。

 早い時期に完備された地区は、汚水と雨水が一緒に処理されているのだそうです。つまり雨量が多いと下水道の水位が上がり溢れるというのです。

 この溢れた水(汚水+雨水)が皇居のお堀に流れ込んでいるというのです。
 我が国の天皇陛下のお住まいの周りが汚水で汚されていることは、とんでもない事だと思います。

          坦々塾事務局 (亀戸天神)

posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 11:32| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>亀戸天神さま
お忙しいとは思いますが、せっかく坦々塾のブログが出来たのですから、日録から坦々塾関連をそのうち全部移転してはいかがでしょうか。

もちろん、日録のも残して・・・・・。

本部?より、こっちの方がアクセスが増えて人気が出たりして・・・。
Posted by okusama at 2009年04月12日 20:41

奥様

 以前お願いしたように、軌道に乗るまではどうかお願いします。

 本来こちらでやらなければならなかったのに、長いことおんぶに抱っこでお待たせしてもうしわけございません。

      坦々塾事務局 (亀戸天神)

Posted by 坦々塾事務局 亀戸天神 at 2009年04月12日 23:50
 東京ではいろいろお世話になりました。当地、釧路はまだまだ寒さが残っております。ブログ作製、慣れますよ、すぐに。わからないことがあれば、逆にお尋ねください(笑顔)。
Posted by つき指の読書日記by大月清司 at 2009年04月13日 07:49

大月さま

 ありがとうございます。

 沢山の皆さんに、そう言っていただいて、ありがたいです。

         亀戸天神
Posted by 亀戸天神 at 2009年04月13日 08:29

西尾先生の日録の愛読者です。坦々塾のブログが開設されたので、寄ってみました。

戦後65年の矛盾が一気に噴き出して、
閉塞状態にある日本に、坦々塾から「夜明けの明るさ」を照らし出して下さい。

応援しています。


Posted by お涼 at 2009年04月14日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。