2011年07月27日

『日本の復興と国防を考える集い』




私の仲良しのお友達の家村さんから、下記イベントのご紹介がありました。

靖国参拝の後、お運びいただけますと幸いです。

           坦々塾事務局 大石 朋子

8・15終戦記念日特別イベント

『日本の復興と国防を考える集い』

 ―日本を守り、未来につなげうる真の「復興と国防」とは―
     祖国と愛する人びとのために、今考える


東日本大震災は、大東亜戦争に匹敵する大国難であった。人的・物的な被害もさることながら、先の終戦から66年間における日本の政治指導者たちが「国防」という国家存立を担う重要な課題に正面から向き合うことを避け、経済的な豊かさだけを追い求めてきた結果、日本が「国土と国民を自力で守ることができる国家」としての復興を遂げてこなかったという事実をあからさまにしました。
 この間、いざというとき国家・国民を守る気概も能力もない政治指導者らを輩出し、民主党政権の現在、それがための人災は果てしなく拡大しつつあります。

 我が祖国日本を守り、未来に繋げうる真の「復興と国防」とは何でしょうか。

 本催しは、大東亜戦争終戦の日である8月15日を英霊に対する顕彰や戦没者の追悼だけに終始させることなく、祖国日本を愛し、その生成発展を願う心ある人々が集い、昭和20年8月15日の時点に立ち返り、過去から現在、そして将来の日本の復興と国防体制のあるべき姿を大いに論じあうものです。
 これにより、我々日本人がこの国難をいかにして克服し、より良き日本の再建に向けて、今、何をなすべきかをともに考え、英霊の御心に応えようとするものです。

 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


日 時:平成23年8月15日(月) 18時〜20時30分 (開場 17時30分)

場 所:大手町 サンケイプラザ 4階ホール
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 TEL.03(3273)2258〜9(直通)

 地下鉄/丸ノ内線 半蔵門線 千代田線 東西線 都営三田線
      「大手町」駅下車 A4・E1出口直結

JR/「東京駅」下車 丸ノ内北口より徒歩7分

参加費:2000円

第一部 基調講演

「原点に立ち返り、あるべき日本の国防体制を論ず」
  講師:佐藤 守 氏(元航空自衛隊南西航空混成団司令・軍事評論家)

「歴史教育と国民精神の復興」
  講師:藤岡信勝 氏(新しい歴史教科書をつくる会会長・拓殖大学客員教授)

第二部 パネルディスカッション

「祖国日本の再建 ―真の復興と国防はどうあるべきか― 」

パネリスト
 特定失踪者問題調査会代表      荒木和博 氏
 ノンフィクション作家        河添恵子 氏
 川村研究所代表           川村純彦 氏
 軍事評論家             佐藤 守 氏
 新しい歴史教科書をつくる会会長   藤岡信勝 氏
 日本世論の会会長          三輪和雄 氏

コーディネータ
 日本兵法研究会会長         家村和幸 氏

主 催 「日本の復興と国防を考える集い」実行委員会
     代表幹事 日本世論の会  会長 三輪和雄
          日本兵法研究会 会長 家村和幸
     事務局  東京都中野区 日本兵法研究会事務局内
          (代表 家村 Tel&FAX:03-3389-6278)
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 14:37| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

『逆説の政治哲学〜正義が人を殺すとき〜』



『日本人の歴史哲学』から何年経ったのだろう?

今回、この本をいただいて、正直「昔は岩田君だったけれど、岩田さん、岩田先生と呼ばなくちゃ」と思わせる本だった。

 この一冊で、大学の政治学の授業に出て、哲学の勉強もした気分になりました。

 テーマごとに、一つずつ区切られているので読みやすく、「ちょこっと読み」が出来る私にはぴったりの編集でした。。と言っても未だ途中ですが、皆様に早くお知らせしたくなりましたので急いでアップさせていただきます。

          坦々塾事務局 大石朋子

『逆説の政治哲学〜正義が人を殺すとき〜』 【新刊案内】

岩田温著(ベスト新書)


逆説の政治哲学.bmp


 「国家とは何か」、「民主主義は正しいのか」、「本当の『正義』とは何か」…
 「政治」にまつわる根本的な問いに対し、プラトンやキケロといった古の賢者の至言、あるいは人類にとてつもない災厄をもたらしたレーニンやヒトラーといった独裁者の叫び声を参考に、そこにある「思想」と「哲学」を明らかにしていく。
 最良の体制とされている民主主義からヒトラーが出現したこと。情熱に燃える若者がその情熱ゆえに引き起こした惨劇。愛と憎悪が交錯するナショナリズム。見つめれば見つめるほど、複雑な現象に満ちている「政治」とその背後にある「哲学」を、古典や歴史を例に挙げながら、分かりやすく読み解いていきます。
 巻末に作家・佐藤優の解説つき。震災、原発事故、政治の迷走…、先行き不透明な今、私たちの生活から切っても切り離せない政治そして「思想」を考える一冊です。

http://www.amazon.co.jp/dp/4584123349/

●序章:かくも劇的で非合理な世界

●第1章 政治はこうしてできている
第1節 仲間かライバルか――カール・シュミット
第2節 争いが集団を強くする――マキャヴェッリ
第3節 嫉妬が人を陥れるとき――プルターク
第4節 エリートのただ一つの条件――オルテガ
第5節 金よりも徳――キケロ

●第2章 保守か、革新か―二つの政治思想を考える
第1節 国家は誰のものか――バーク
第2節 靖国神社論争を考える――トゥキュディデス
第3節 ナショナリズムの光と闇――アンダーソン
第4節 権威にはそれなりの意味がある
             ――ヒューム
第5節 ポル・ポト革命とは何だったのか
             ――メッテルニヒ

●第3章 民主主義が最良だなんて誰が言った?
第1節 熱しやすく醒めやすいのが大衆
             ――シェイクスピア
第2節 民主主義が独裁を生む――プラトン
第3節 大衆はこう操作せよ――ヒトラー
第4節 ニーチェが忌避したぬるま湯社会
             ――ニーチェ

●第4章 本当に恐い全体主義
第1節 嘘で塗り固められた国
           ――ハンナ・アレント
第2節 思想とイデオロギーの違いとは何か
           ――マルクス
第3節 人間は戦争で輝く?
           ――ムッソリーニ
第4節 暴走したナチズムの理想――ヒトラー
第5節 共産主義・虚像のユートピア
           ――レーニン

●第5章 正義はやがて、狂気に変わる
第1節 新自由主義者はこう考える
           ――フリードマン
第2節 「弱肉強食」の世界は正しいか
           ――プラトン
第3節 努力すれば、いつか報われる?
           ――旧約聖書『ヨブ記』
第4節 自己中心主義と利他主義――アイン・ランド
第5節 正義で人は殺せるか
           ――アナトール・フランス
第6節 「純粋」と「狂気」は紙一重
           ――パステルナーク

●第6章 本当の「正しさ」とは何だろうか
第1節 なぜ法律が必要なのか――ホッブズ
第2節 悪法でも守らねばならないのか――キケロ
第3節 権威を構成する4つの要素――コジェーブ
第4節 政治哲学に課せられた宿命
           ――レオ・シュトラウス

880円(税込)
新書版


284ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/4584123349/
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 15:48| Comment(4) | 新刊のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。