2011年04月01日

『絵具と戦争』溝口郁夫



  『絵具と戦争』

    坦々塾 会員 溝口 郁夫


   坦々塾の皆さま、ブログをご覧の皆さまへ

 先月11日に発生した地震、津波、原発事故などで、皆様も色々とご苦労、ご心配されていることと存じます。日本社会の様相が一変し、その修復には長期間を要するようです。
 
 このような最中、四月上旬に国書刊行会より『絵具と戦争』を上梓することになりました。西尾幹二先生のご支援で実現しました。

 内容は、GHQが没収した藤田嗣治、向井潤吉、宮本三郎たちの残した「戦争画」や「従軍記」をベースに、先の大東亜戦争の実相の一端を明らかにしたものです。

 特に向井画伯の書いた『比島従軍記−南十字星下−』は、「バターン死の行進」が如何にウソであるかを、証明しています。

 この他、戦後GHQが没収し、昭和45年に日本に「無期限貸与」扱いで返却した153点の「戦争画」の過去、現在についても言及しています。絵と写真を数多く挿入していますので、読みやすくなっています。

 皆様、機会があれば手にとってみてください。

http://miyazaki.xii.jp/column/index34.html
宮崎正弘さんのHPでも紹介されています(事務局)


 溝口郁夫著『絵具と戦争』−従軍画家たちと戦争画の軌跡−

国書刊行会 定価2000円+税、平成23年4月上旬、発売開始

(ISBN978−4−336−05376−3)
絵具と戦争 表紙裏表紙 244k.jpg

 <目 次>

第一章 没収された従軍画家の本

第二章 従軍画家の戦争画

第三章 GHQと百五十三点の戦争画

第四章 戦争画と戦争責任
----------------------------------------------

 戦争画と彼らの従軍記が物語る「大東亜戦争の実相」

 GHQが没収した藤田嗣治、向井潤吉、宮本三郎の戦争画と従軍記。彼らは何を描き、何を記録したのか。GHQにとって何が不都合だったのか。

 作家たちが書き残した戦場の前線、行軍、捕虜たちの扱い。果たして伝えられる虐殺や虐待はあったのか!?

 戦時中の美術界の空白を埋める好著です。




posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 17:38| 東京 ☀| Comment(3) | 新刊のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。