2010年07月25日

GHQ焚書図書開封4   「国体」論と現代


西尾先生のGHQ焚書関係本が7月下旬に店頭に並びます


GHQ焚書図書開封4   「国体」論と現代

西尾幹二/ 著

7000冊にものぼる焚書でGHQは何を隠蔽しようとしたのか? 

日本の現代史に横たわる巨大な空白を埋める好評シリーズ第4弾!

GHQ焚書図書開封4.jpg

2010/07/27発売  ISBNコード: 978- 4-19-862986-1
定価: 1785円(税込)

第4巻は、「国体論」と現代、すなわち「国のあり方」と現代がテーマです。


 GHQに消された「国体」と表題にある本は142点あります。
この中から4点と、『大義』(杉本五郎中佐)などを計9点をとりあげ、戦前における皇室や国のあり方を紹介しています。

 特に、第6章杉本五郎中佐の人間像は、戦前、戦後に作家城山三郎に大きな影響を与えました。
面白い読み物になっています。
また太宰治の「天皇陛下万歳」も興味ある内容です。
 


 目次 
第1章 『皇室と日本精神』(辻善之助)の現代性
第2章 『國体の本義』(山田孝雄)の哲学性
第3章  部数173万部『國體の本義』一(文部省編)の光と影
第4章  国家主義者・田中智学の空想的一面
第5章 『国体眞義』(白鳥庫吉)の見識の高さ
第6章  130万部のベストセラー
      『大義』(杉本五郎中佐)にみる真摯な人間像
第7章  戦後『大義の末』を書いた城山三郎は
      夕暮れのキャンパスで「国体」を見た
第8章  太宰治が戦後あえて書いた「天皇陛下万歳」を、
      GHQは検閲であらためて消した

  *8章は坦々塾会員の溝口郁夫さんが担当されています。

写真は『大義』の著者、杉本五郎中佐。

『大義』の著者、杉本五郎中佐.jpg




posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 22:56| 東京 ☀| Comment(2) | 坦々塾会員の皆様へお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。