2010年03月21日

朝青龍問題というブーメラン足立誠之


朝青龍問題というブーメラン

      坦々塾会員 足立 誠之

 横綱朝青龍の"品格"については現役時代から話題になっていましたが、本年2月の引退後も収まっていません。

 本稿は朝青龍の"品格"問題を別の観点から考えるものです。

 まず民族・集団とidentityの観点に立ち返ることからはじめましょう。
一昨年の2月オーストラリアのラッド政権はアボリジニの赤子を政府が親から引き離し養育する政策を廃止しました。その内容をオーストラリア通の友人に照会したところ詳しい説明と共に、問題の本質はこうした長年の政策によりアボリジニのidentityがこの世から抹殺された点にあるとのコメントをもらいました。
Identityに係わるもう一つ別の話をいたしましょう。

中世ヨーロッパの外からの脅威はまずイスラム教アラブ人の進入であり、続いてモンゴル、そしてその後はオスマントルコの進入でした。

 そのオスマントルコの最強の部隊は"イエニチェリ軍団"であったそうです。その"イエニチェリ"がどのように編成されたかという点については興味深いものがあります。オスマン・トルコはイエニチェリ軍団を中核に本来キリスト教徒の住んでいる土地であった小アジアやバルカン半島の各地を次々に征服していきましたが、その征服地にいるキリスト教徒の幼児や少年を捕えてきてみっちりとイスラム戦士として教育し一人前の軍人に育て上げる、そうした出身者により構成されたものが「イエニチェリ軍団」でした。こうしてオスマン・トルコは「イエニチェリ」を軸に自らを拡大生産していきました。その結果かつてはキリスト教徒の土地であった小アジアの全域は今日殆ど100%に近い人々がイスラム教を信じるトルコ人の世界に変わってしまったのです。

 この二つの話は民族・集団の成員のidentityは幼児期、少年期に育まれるということを示しています。日本は長年アジアの東端に島国として存在し、外国から征服支配されるという悲惨な経験をを持たない民でしたが、モンゴルはユーラシア大陸の各民族の興亡の歴史の中で何とか自らのidentityを失わずに生き延びてきた民です。同じような顔をしていてもその歴史はまるで違い、identityも全くことなることを忘れるべきではありません 。

 モンゴルの歴史を概観しますと、ジンギス汗のモンゴル帝国がユーラシアの大半を征服してからほぼ100年後の1368年シナに漢民族の明王朝がおこりモンゴル族はシナから退きモンゴル高原に北元として存続します。その後タタール、オイラートに二分されます。更に満州族がシナに進出し清王朝を建設し、モンゴル高原も満州族の清に支配されます。
 その清が辛亥革命で滅亡し、又ロシア革命が起きます。モンゴルにはロシアの革命軍 、反革命軍が入り込みあらそい、やがてソ連が成立し、モンゴルも一応独立しますがその間どういうことがあったのかは最近にいたるまでヴェールにつつまれていました。

 ロシア革命当時、モンゴルにはロシアの反革命勢力が入りこみ、それを追う赤軍との戦闘を含めて相当に悲惨な情況が続き人口も大きく減少したとされます。その後も独立したとはいえソ連の厳しい官吏下にあり、スターリンの粛清などで多くの犠牲者が出たことも近年明らかにされてきています。
 1991年ソ連が崩壊し、モンゴルもようやくソ連の"くびき"から解放され、共産党の一党独裁から大統領制・議会民主制度に移行します。こうした厳しい歴史を経たモンゴル人の価値観、行動規範や行動様式を含むidentityが日本人のそれと全く異なることは改めて述べるまでもないでしょう。
 まだモンゴルがソ連の強い影響下にあった1980年9月27日首都ウランバートルでドルゴルスレン・ダグワドルジ(後の朝青龍)は生まれました。

 ダグアドルジ少年はモンゴル相撲に秀で、少年モンゴル相撲で優勝します。
そして97年に明徳義塾高校に相撲留学し、99年1月に角界入りします。01年には入幕、04年3月に23歳で第68代横綱に昇進します。
然し08年名古屋場所で怪我で休場、その後モンゴルで少年サッカーに興じたことが判明し、相撲協会から二場所の出場停止処分を受けました。そして10年初場所中に暴力事件を起こしたとして問題となり、2月に引退することになった訳です。

 現役時代朝青龍の品格についての批判にはいろいろありましたが、主なものは懸賞金を受け取る際に右手ではなく左手を使う、勝った後に"ダメ押し"をする。ガッツポーズをする、などでした。
これらは確かに日本人が描く"国技"である大相撲の横綱の理想像とは違います。
然し考えなければならないことは、朝青龍の人生29年の半分以上の16年余、然も人格のコアの部分を形成する幼少年期をモンゴルでモンゴル相撲に明け暮れしながら過ごしたという事実です。
ですから彼の価値観、行動規範などを含めたトータルとしてのidentityはモンゴル人のものであり、日本人のそれとは異なる筈です。
 格闘技である相撲の勝負は、考えて動くことできまるよりも反射的な動きで決まる。特に強い力士はそうです。幼、少年期にモンゴル相撲で鍛えられた反射神経がより働くのも当然でしょう。左手を使い懸賞金を受け取ることもそうした反射神経からきています。尤も朝青龍はその後は意識して右手を使うようになっていました。
 勝って「ダメ押し」するのも厳しいモンゴルの歴史から「そうあるべし」との規範となりモンゴル相撲に結実したものでしょう。
モンゴル相撲では勝者は敗者の上を鷲が羽をはばたく動作をしながら一周し勝利を誇示するのだそうです。これは謙虚さを表わすことを美しいとする大相撲の"品格"とはまるで異なります。
 モンゴル相撲の鷲の"儀式"を封じられた朝青龍が思わずガッツポ−ズをとるのも分かるような気がします。

 更に重要なことがあります。日本独特の事柄と微妙な言葉の結びつきです。朝青龍を始めモンゴル力士は日本語を上手く喋り、一見理解しているように見受けられます。
然し上述から考えれば、それは絶対に違います。
 大相撲では横綱や大関は場所中勝ち星が上らないと、往々にして病気や怪我を理由に休場します。そしてその中には実際にはそれほどでもない病気や怪我でも診断書を出してもらい休場することもあった筈です。08年の休場後のサッカー騒動もそうした場合の日本流の"本音"と"建前"の微妙な差が朝青龍には理解できなかった故とも考えられます。ドライに考えれば、軽く子供達とサッカーに興ずるのは怪我の回復にはよ
いと考えても不思議ではありません。

 日本人には当たり前に見えることでもモンゴルの力士には理解し難いことばかりなのではないか。十分には理解出来ないことでも周りの奨めや雰囲気でどうにか日本語で応えてその場を終える。然し本当は理解出来ない。そんなことばかりであったのではないでしょうか。

 相撲界が外国人力士を受け入れながら、大相撲の伝統"や"品格"を彼らに求めることに甘ちょろい世間知らずというか、「"世界"知らず」が露呈しています。
少し極端になるかもしれませんが先の"イエニチェリ"の話を例にとれば、青年期のキリスト教徒の捕虜を連れてきてイスラム戦士に鍛え上げようとすることにひとしいのではないでしょうか。そうして出来上がった"戦士"が陰で豚肉を食べたとか、日に5回のメッカに向かい礼拝をしなかったと、とがめるようなものでしょう。

 モンゴルの力士に相撲界の"伝統"や"品格"を無用心に求めることは、場合によっては彼らのidentityを抹殺しかねないのです。
 又大相撲の"伝統"や"品格"がモンゴル相撲の伝統"や"品格よりも上位にあるとも言えないでしょう。大相撲の"伝統"や"品格"は天下泰平の江戸時代の時期に形成さ れておりモンゴル相撲のような民族のidentityの存亡と一体となって鍛え上げられたものではありません。それは今日における大相撲の弱さ、欠陥の露呈に結びつくのかもしれません。

 朝青龍問題の根源は日本の相撲界に入ってくる若者が極端に減少し、外国人に人材源を求めざるをえなくなったことにあります。
 それは子供達の相撲離れの結果でありますが、それだけではなく少子高齢化の影響があるのは確かでしょう。そう考えれば朝青龍問題は日本の将来に重大な示唆となるものです。

 今日本では少子高齢化現象が深刻な問題として浮上してきています。
その揚句は、「外国人を受け入れればよいではないか」という声が高まってきたわけです。そしてその背景には、どんな国の人でも「話せば分かる」「善意で臨めば理解し共生できる」 という甘い見方が常識のようになっていることがあります。

 自民党などは「外国人一千万人受け入れ計画」まで言い出していました。
しかし異なる国の人々を受け入れるということは違ったidentityの人々が恒常的に接触しあうということを意味します。理解しあえることもあるかもしれませんが、何の軋轢もなく総てが理解しあえるということは絶対にありえないのです。

 私が驚くことは今迄、朝青龍が殆ど一方的に批判、非難されてきたことです。殆どの日本人が、外国人とは「話せば分かる」「共生できる」としながら一方で朝青龍をこれほど批判、避難する。そうした日本人の両面性にはidentityの問題がスッポリと抜け落ちているのです。これこそグローバル化する世界の中で日本の生存、即ちidentityの存亡に係わる問題を内包しています。

 日本人が朝青龍を批判、非難していることそのものが巨大なブーメランとなり日本に向かって戻ってくることになるでしょう。

(H22.3.20足立)
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 15:52| Comment(0) | ゲストエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

「ドイツ大使館公邸にて」に寄せて池田俊二


  日本人劣化の原因とその證言
  ー「ドイツ大使館公邸にて」−に寄せて


     坦々塾会員 池田 俊二


(六)に至つて、「隨筆」の枠をはみ出しましたね。

 三島が外なるhostile enemyを見てゐないといふ大使の説が西尾先生の「心に一つの衝撃の波紋
を投げた」のはもつともです。私も意表を突かれました。

 たしかに三島はあまりにも内省的、自閉的、自虐的であつたかもしれません。しかし彼に外のenemyが見
えてゐなかつたとは思はれません。米、露、支、鮮、その他のあらゆる惡意は自明の前提だが、そんなことに言及する暇がないほど、、あらゆる現實を見ようとしない「現代日本の腐敗と空虚」に對する彼の怒りが強かつたのではないでせうか。

 但し「腐敗」といふやうな高級なものがあるとは、私には思へません。「空虚」もあまりぴったりしません。
これまた適切な言葉でないかもしれませんが、一言でいへば日本人の「劣化」の方がいくらか當つてゐるのではないでせうか。

 その原因は、「漱石のうちにはヨーロッパ的な近代精神と日本の封建意識と兩方がせめぎあつてゐて、前者がけつして後者と妥協しなかつたことに大きな苦しみがあつたのです」「兩者がめつたに妥協できぬといふことこそぼくたち日本人の現實なのであります」(福田恆存による角川文庫版「こころ」の解説)と言はれてゐる、その「現實」に妥協どころか、少しも向合はず、全て曖昧に、だらだらと過して來たことではないでせうか。
 西尾先生の、日本と西歐の近代はパラレル、むしろ、多くの點で日本の方が先んじてゐたとの御説には教へられ、共感しました。

 しかしながら、世界を制霸したのは西歐の近代で、日本のそれではありませんでした。そこに遲れて參加した日本の、向うさまに合はせんが爲の努力は眞に涙ぐましいものでしたが、所詮、木に竹を繼ぐやうな作業で、2代目、3代目に至ると、「繼いだ」ことにも思ひ及ばず、合はせる、合はせないといつた意識も全くなくなり、萬事ずるずると來た結果が今の日本のていたらくでせう。

 異る「近代」の繼ぎ合せに問題があることは疑へません。
その根本を深く憂ひたのが、鴎外、荷風であり、また福田恆存、西尾幹二である――私はそのやうに考へてをります。
「自民黨が最大の護憲勢力だ」(三島由紀夫)、「今の自民黨は左翼政黨である。その代議士の大部分は福島みずほなみ」(西尾幹二)、どちらも、根本を見失つた、あるいは見ようといふ氣力さへない現状を見事に言ひ當ててゐると思ひます。
 その日本人劣化について、2代目が認め、證言する文を思ひ出しましたので、御紹介します。
 筆者は小泉信三(明治21年・1888年生れ)。
 その岳父阿部泰藏(嘉永2年・1849年生れ。明治生命保險會社の創立者)とその子 阿部章藏(明治20年・1887年生れ。同保險會社專務にして、作家 水上瀧太郎)を比較して曰く。

 阿部章藏、即ち水上瀧太郎の颯爽たる英氣と人間的魅力は無比であつた。これは今も人々の間に語り傳へられてゐることと思ふ。けれども、一たび學問識見といふことになると、私がどうヒイキして見ても、子は父に及ばない。敢然激浪に逆ふといふやうなことは、章藏の避けないところであつたが、彼れの父には、世の趨勢を洞察し、騷がず、默つてこれに處するといふ趣きがあつた。私は自分の父の世代に屬する人々を見て、「やはり鍛へがちがふ」と感じたことが幾たびもある。阿部も亦たその一人であつた。

 初代と2代の差を見事に言ひ當ててゐると思ひます。「劣化」の始まりは、この邊からではないでせうか。
 初代は、本來の日本人として、日本の近代を以て西洋の近代に相對しました。そして、當時壓倒的に優越してゐた西洋文明を取込むことに相當な成功を收めました。軍隊、學校、病院等々の公的施設は一應西洋のそれに似たものが出來ました。けれども、それは無理を重ねて作り上げたものであり、國民生活の
自然な延長によるものではありませんでした。

 ここに彼我の根本的差異があるのですが、2代目以降にとつては、見掛けの類似のにより、その差が感じにくくなくなつてきました。また感じる必要もないかの如く思はれるやうになり
ました。

 ここに劣化の根本原因があると思ひます。決定的違ひがあるにもかかはらず、それを意識しなくなつたとしたら、あらゆるものが正確に見えず、判斷も出來ないからです。
かくて、氣樂にして緊張感を缺いた2代目、3代目が出現することになります。

 西尾先生のお嫌ひな大正教養主義(私も大嫌ひです)も彼らによる産物で、先生との對談本『自由と宿命・西尾幹二との對話』で持ち出した、カール・レヴィットの「1階・2階」論はこのことを指してゐるのでせう。
 父と子と、その年齡差は僅か30〜40年です。けれども、ここに日本人變質にとつて最大の要素があります。
 もつとも、2代目が墮落の始まりであることは間違ひありませんが、今日の我々(何代めになるのでせうか)に較べれば遙かにましでした。小泉信三の如く、先代を見て、己の劣ることを自覺し、たまには正常な感覺を取り戻すこともあつたからです。

 その先人・先代が遠のき、以來急坂を轉げ落ちるやうに、落ちに落ちて現在(三島由紀夫の諫死以後もずゐぶんと墜ち續けました)に至りました。いまが下げ止りといふ保證はありません。どこまで行くのか、私には分りません。

 鴎外(文久2年・1862年)や漱石(慶應3年―明治維新の前年・1867年)が屬するのは、初代であるか、2代であるかについては、はつきりとは決められません。あるいは端境期と言へるかもしれません。しかし、明かに2代目である荷風(明治17年・1884年)とともに、近代日本のかかる病弊を憂ひたことは間違ひありません。

 彼らは日本の將來にかなり絶望してゐましたが、今日のていたらくまで豫想してゐたでせうか。

 なほ、足立誠之さんの感想に對する西尾先生の御論評「足立さんのいつものお言葉には感服するのが常だったが、今回は一寸違うのではないかと私は思った」については、少々疑問を感じました。

 足立さん達の眞意は「反省好きなあぶない善意の人」たることをよしとするのではなくて、むしろ敢然と自分を主張すべしといふことではないでせうか。
 「我が國自身の問題であることを抛擲して、今日の状態をアメリカの責任にして終るならば」は――アメリカの惡は當然の前提とした上で、そこで「終」つては駄目だ、惡の被害者は我々なのだから、「自身の問題」として、斷乎戰ひ、これを拂ひのけるのでなければ――といふ意味に讀みましたが、如何でせうか。


posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 20:35| Comment(0) | 日録へのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。