2010年01月05日

台湾の映画をご紹介します

      台湾の映画をご紹介します

              坦々塾事務局


     『海角七号』

        画像123 016.bmp

 現在銀座4丁目交差点 和光ウラ通り
シネスイッチ銀座でロードショウ決定!
 

 60年前の悲恋。現代の淡い恋。
二つの物語を結ぶのは、届かなかったラブレター。
そして、浜辺に響くシューベルト「野ばら」の美しい歌声。

 1940年代、日本統治下の台湾。若い日本人教師が日本名を友子という台湾人の教え子と恋に落ちた。

 しかし、間もなく迎えた敗戦によって教師は帰国することになる。

 港に佇む友子を残して引き揚げ船に乗った彼は、日本に着くまでの7日間、海上で尽きせぬ想いを手紙に綴るのだった……。

 60年後の現代。台北でプロ・ミュージシャンになるという夢に敗れ、台湾最南端に位置する恒春に帰省した青年・阿嘉(アガ)は、嫌々郵便配達のバイトをしている。

 ある日、日本人歌手によるコンサートの前座を務める地元バンドが結成されることになった。

 無理矢理一員に加えられた阿嘉だったが、メンバーはキャリアも年齢もバラバラでトラブルが絶えない。

 おまけに、イベントのマネージャーとして雇われた日本人女性・友子とは衝突してばかりだ。

 そんなある日、阿嘉は郵便物の中に、今は存在しない住所海角七号宛ての小包を見つける。

 中には1枚のモノクロ写真と、日本語で書かれた7通の手紙が入っていた。

 それは60年前、日本人教師が恋人・友子に綴ったあの手紙だった…。


 坦々塾会員松山久幸さん推薦の映画です。皆様お誘い合わせの上ご覧になってください。

      坦々塾事務局 大石 朋子
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 22:49| Comment(12) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。