2009年11月02日

『保守の怒り―天皇・戦争・国家の行方―』のご紹介

 
 『保守の怒り―天皇・戦争・国家の行方―』
          のご紹介


 11月下旬に、上記の本が刊行されます。

西尾先生と坦々塾会員の平田文昭さんの対談です


    ====衝撃の新刊 話題沸騰====

      いま率直に語りつくす
   戦後「保守」の自己欺瞞・時代への警鐘
      祖国日本再建の指針
 保守よ、日本よ、 正道にかえれ! よみがえれ!

『保守の怒り
    ―天皇・戦争・国家の行方―』


    対談 西尾幹二 × 平田文昭

 刊行 草思社 予価1800円 11月下旬発売予定



 混乱・荒廃・騒擾、そして戦争の時代が来ます

日本国と皇室は、昭和20年以来の、存亡の危機に立っています

 その存続と再生は保守にかかっています

 しかしその「保守」がいま自滅しようとしています

平成21年夏の衆議院議員選挙後に、
        「保守」にただようこの虚脱感

それは「保守」が空虚だったことの証明です

    「保守」とは
政治家ばかりではなく言論人・運動家も含みます

冷戦終了後のフィリピンのマルコス政権のように落ちぶれたのがいまの「保守」です

 こうなったのは、朝日・NHK・日教組のせいでしょうか?

        いいえ

「保守」は「反」のみが生甲斐だった昔の社会党のようになってはいませんか

   「保守」の芯はいつしか溶けさり

 思想も、時代への対応力も、実務能力も失い

  「保守」はいつしか愛国ゴッコ利権となり

知も智も、信も誠も哀も愛も、断も勇も、すべてを亡くしていたから

虚名と虚勢と虚構と以外のすべてを無くしていたから

「保守」はここまで無力化し、いま崩落しつつあるのです

「ご皇室ありがたや念仏」を唱えていても問題は解決しません

「朝鮮台湾にはいいこともした史観」に酔っていても
   日本の明日は切り拓けません

   「保守」が隠しても世間は知ります

 左翼に道をつけてきたのは、自称保守なのです!

保守の覚醒と再生なくして、日本の生存と再生はありません

「保守」よ、娑婆に出よう! 現代の現実に生きよう!

  衝撃の言葉、真実の言葉、魂の言葉に満ちた

  <衝撃の対談、この秋11月刊行です>

保守の怒り チラシ.pdf
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 00:00| Comment(4) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。