2009年10月26日

自衛隊観艦式に行ってきました 大石朋子


   祝 天皇陛下御在位20年  自衛隊観艦式

      
表紙に上記のように書かれたパンフレットをいただいて自衛隊観艦式の受付をし、「試験艦あすか」に乗り込みました。

       坦々塾事務局 大石 朋子

IMGP1288.JPG




DSC_0046.JPG   

 海上自衛隊の観艦式が25日、風雨の中神奈川県沖の相模湾で行われ、観艦式には、海上保安庁の巡視船も含む艦船40隻と、陸海空自衛隊の航空機43機、隊員約8千人が参加しました。


DSC_0307.JPG


 外遊中の鳩山由紀夫首相の代理として菅直人副総理兼国家戦略担当相が観閲官として出席しました。

 以下、『 』は、菅氏の言葉ですが、風雨の中聞き取れないところが多く抜けているところがあります。お許しください。

 『本日、自衛隊・・・観艦式にあたり、威風堂々たる艦艇、航空機の勇士、そして意気旺盛な・・・に出来たことは、観閲官として大きな喜びとするところであります。』

 『自衛隊は我が国の平和と安全及び独立という国の根幹を支える組織として、創設から半世紀に渡り、その任務を支えておりました。』

 『その組織の・・・支えているのは、・・・ 任務を・・・誓った一人一人の自衛隊員の尊い意思と日々の訓練の賜であると思います。』

 『観艦式の場においてこのような自衛隊員の・・・名誉を回復することは、我が国の万全の備えと、国民の安全を守る自衛隊の・・・を確認する、又とない機会であると考えております。』

 『近年、我が国の安全保障環境は大きく変化し、大量破壊兵器や弾道ミサイルの拡散、国防テロなどの新たな容疑や・・・対応が課題となっており、自衛隊に求める・・・ますます多様かつ・・・多様なものとなってきております。』

 『このような中、海上自衛隊はテロ対策のためのインド洋における補給・・・活動や、弾道ミサイル防衛などの、さまざまな任務を・・・ところです。』

 菅氏は海賊対処法に基づくソマリア沖・アデン湾での海上自衛隊の活動を評価し
 『又、近年ソマリア沖アデン湾において海賊が急増していることを受け、海上自衛隊は、2隻の護衛艦と・・・派遣し、海上交通の安全確保と日本国民の生命財産を保護するための活動を行っております。』 

 菅氏は、北朝鮮のミサイル発射や核実験についても触れ

 『東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大かつ深刻な脅威であり断じて容認することはできません。』

 『このような・・・を受けて政府としては・・・中国、韓国、ロシアといった関係諸国と緊密に連携し、国家と国民の安全の確保に万全を・・・行かなくてはなりません。』

 防衛省によると、1996年に陸海空3自衛隊の持ち回りで観閲、観艦式が行われるようになって以来、首相の欠席は初めてだそうです。

       文責:大石 朋子      

posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 09:37| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

地球温暖化・CO2 そして原子力発電 その5 <最終回>小池広行

  地球温暖化・CO2 そして原子力発電 その5 <最終回>


        坦々塾会員 小池 広行


      鳩山政権に対する政策提言


民主党のエネルギー政策

 民主党は政権公約として、エネルギー安全保障の確立は国家としての責務であり、現在僅か4%、原子力を含めても16%に過ぎないわが国のエネルギー自給率を2100年には50%へ向上させるとの長期目標を掲げています。また安全性確保を前提とした原子力利用の促進に着実に取り組むと宣言しています。

 昨年の坦々塾でも説明しましたが、我が国のエネルギー自給率はわずか4%、先進国の中でも極めて低いのです。(これもダントツ)そして、本稿をお読みにいる方々にはご理解頂けるとおもいますが、エネルギー問題は国際紛争の火種です。歴史上の出来事(例えばABCD包囲網)からも、そして現代の民族紛争、宗教紛争に加えて食料とエネルギーも紛争から戦争へと移行する可能性は大きいと思います。(食糧問題とエネルギー問題は一体です)

 一方、地球温暖化問題が科学的結論の結果ではなく、あくまで政治的コンセンサスのもと、日本だけが鴨にされ、高い目標を世界に公言している。二兎を目指すもその方策がまったく不明なまま、これでは国民が懐疑的になるのも当然というものでしょう。

なぜ原子力発電を語らないのか

 前政権の15%削減の説明によれば太陽光発電の導入を「現状の10倍」(1400万KW)から「20倍」(2800万KW)に引き上げることにことにより投資総額は約9兆円の負担増となります。これと同量の電気を原子力で発電するとすれば稼働率の違いを考えると(原子力の稼働率は太陽光の約7倍)180万KW級発電所の1基強の増設で充分なのです。
 そして、
 2007年7月16日柏崎刈羽原子力発電所の7基、総出力821万KWが中越沖地震で停止しました。(当日は3基が運転中、3基が7月末に運転予定、1基は長期定期検査)1か所の原子力発電所としては世界最大規模(ギネスブック掲載)の発電所が停止していることで、1年間約400億KWHの電力を石油で代替することになり日本全体で約2%のCO2排出増となっています。

 このようにエネルギー安全保障及び地球温暖化抑制の両面から原子力発電の効果は非常に大きいことは明らかであります。しかしながら、従来の原子力のこの役割について、政府も政党も必ずしも十分明快に国民に説明して来ませんでした。もちろん、国内メディアもマイナス面ばかりの報道でプラス側面での原子力をまったく語ろうとはしていません。

自民党の削減方策(参考)

6月10日発表の自民党15%削減案は下記のとおりです
○太陽光発電、住宅用で約200万円
(現状の20倍の約2800万KWに拡大、530万戸に設置)
○次世代エコカー 1台200万円
(普及率を新車販売の約50%、保有台数の約20%に拡大)
○省エネ住宅 160〜200万円(新規住宅の80%で普及)
○高効率給湯器 1台20〜30万円(販売台数約2800万台)
○電気料金 年2〜3万円増(排出量の購入などコスト増の上乗せ)

 この発表を見て私は自民党の削減幅でさえも如何に達成が非現実的であるかを学生に訴えたかった。急いで講義の資料に纏めたのもそのためです。
注目すべきはここでも(自民党案)でも原子力発電の有効性についての国民に対する説明はありませんでした。

 実は自民党案にはかなり無理がありますが、それでも原子力発電の有効性を認識し、削減案の試算には2020年までに新規原子力発電9基、稼働率81%以上(現状約70%)があります。

最後に

 民主党が先にあげたエネルギー政策を目指すなら、そして温暖化問題にも世界に公言した以上今こそ、国民にわかり易く説明するべきではないでしょうか。騙されているとか鴨にされているなどとは言えませんが(私だけがそう思っているのかもしれませんが(苦笑+汗))温暖化問題で世界のリーダーシップは取れないくらいの認識をもってもらいたいですね。

 最後に鳩山首相が振り上げた25%削減という到底達成困難な「ナタ」の落としどころは何処になるのか注目していく必要があると思います。

<終わり>

       文責:小池 広行


posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 00:00| Comment(4) | ゲストエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。