2009年08月25日

『「権力の不在」は国を滅ぼす』書評宮崎正弘


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」から
宮崎先生の許可をいただきましたので転載させていただきます。

    坦々塾事務局 大石

☆ ゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:* ゜



米国の庇護下の発想では、これからの日本は生き残れない
 この本には保守の覚醒を促す激越な憂国論に横れている

西尾幹二『権力の不在は国を滅ぼす』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   
  ▽
 いつものように辛辣な批評が並ぶが、今度の評論集はいくつか従来の西尾史観にはなかった特質を胚胎している。何編かは「WILL」や「正論」に書かれたものである。
 第一に北朝鮮への経済制裁に関してのパラダイムが激越である。
 すなわち経済制裁は「戦争行為」であって、北朝鮮も米国も、日本の経済制裁は『戦争』段階という認識だが、経済制裁を実施している日本はぽけっとして、或いはシレッとして、平和主義のままに埋没し、言葉だけが虚ろに戦争準備空間を飛び交っていると。
 この見解は外務省、政府の認識と異なる。
 すなわち「日本は既に北朝鮮に対して『宣戦布告』をしているに等しいのであり」(中略)「相手がノドンで報復してきても、なにも文句を言えない立場ではないか」とする危機意識。これを保守の政治家も分かっていないことに西尾氏は苛立つ。
 日本はとうに「北の標的なのに他人事」なのだ。
 そして保守が賞賛する安倍前総理はアメリカに取り込まれてしまったと容赦なく批判すると同時に皇室の危機を保守陣営に存在しなかった鋭利なツール(言葉)でばっさり斬る。穏健な保守主義を奉ずる人から見れば、温度差というよりやや違和感に囚われるだろう。

 第二に保守思想の崩壊的予兆を西尾氏は淡々と述べるが「自民党は左翼政党に成り下がって」という議論ばかりか、すでに「文藝春秋も左翼雑誌に」になりさがり、いやいや、自衛隊が左翼グループに成り下がっているではないか、と状況パラダイムの分析はさらに先鋭化する。
 明確に次代を予言して西尾氏はこういう。
 「はっきり予言しておきますが、アメリカに庇護された平和主義の時代はいよいよ間もなく終わるのです。アメリカに義理立てする東京裁判史観――占領軍の統治に便利だった日本の指導者悪者論――とは本当に、確実に訣別し、戦前のアメリカと戦前の日本が再び対等に裸で向き合わざるを得ない時代が近く到来することがどうして分からないのでしょうか」(本書258p)。
 なぜなら「金融と軍事の両面でアメリカに鎖で繋がれている日本はこのうえなく危ういというべきで」、「アメリカは沈没していく大型船です。日本は自ら鎖を断ち切ってうまく親船を離れる子舟になりうるか。それは離れようとして満身創痍の手傷を負い、どうにもうまく行かず、親船に繋留されたまま洋上をさまよい、海底奥深く引きずり込まれて行くのか」(153p)という分岐点に差しかかっていると現状を分析されている。
 パラダイムは次のように変わると西尾氏は言う。
 「戦争という手段を封じた現行憲法が今まで辛うじて有効だったのは、日米安保条約とワンセットになっていたから」。
だが、もはや時代状況は変わり「この条約は共産圏から日本を守る役割を失い、ゆっくりしたテンポで変質しつつあります。日米安保条約は今では国際社会での日本の行動の自由を拘束し、国内では、外交政策や経済構造や司法や歴史教育観などにおける日本の自律を侵害し続けている」(298p)とされる。
 つまりこの先の日本には日米安保体制を克服するなにものかが必要、その気概がしかし、いまの政治家にはあるのか。
 時局重大な日本であるにもかかわらず、戦後状況の延長と問題の先送り政治によって、国家中枢が犯されて、「権力の空洞化」という問題が濃密に浮かび上がる。本書を読むと暗澹たる思いがする。そして馬鹿の国民はつぎにとんでもない馬鹿を選ぶ選挙に熱狂している。日本はますまる劣化してゆくだろう。
(おわり)
 
◎宮崎さんのメルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」の購読(無料)登録は下記サイトから。
(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/


posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 08:51| Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

『「権力の不在」は国を滅ぼす』足立誠之


『「権力の不在」は国を滅ぼす』を読んで  

坦々塾会員 足立誠之

 余りに異常、常識外のことがこの国では当たり前のようにまかり通っています。それが何に由来するのか、本書は語りかけてくれます。
「歴史は現在、将来と結びついており切り離すことはできない」と。それは自らの歴史を失った国民は自らの現在と将来を失うことになるということです。 

 長い時間軸と世界的な空間軸の中での自国の歴史の俯瞰図を持たない国民は現在と将来の自国の俯瞰図を描くことは出来ないということでしょう。

今の日本の所謂"指導層""有識者層"が国際問題とその我国とのつながりに余りにも無知である理由は自国の歴史を歩幅の広い時間軸と世界地図の上で俯瞰し位置づけることなしに与えられた「額縁入り」の所謂"歴史"として自らの歴史を失っていることに起因しています。

 スペインに征服された中南米のインディオ、オーストラリア人により征服されたアボリジニ、アメリカにより制服されたハワイのポリネシア人などは今や自らの歴史を持ち得ない情況であり、アイデンティティを喪失しています。嘗て中国大陸を支配した満州族も同様です。
日本がアメリカが作った「額縁入り」の"歴史"を"自らの歴史"として受け入れることは
こうした先例と同様なことになるのです。

 自らの歴史を喪失し、更に皇室が揺らげば日本人のアイデンティティは失われるでしょう。
あの戦争が終わった3年後に私は小学校に入学しました。
そこで担任の先生が「我々が今日生きていられること、アジアが植民地から解放されたことは戦争で亡くなられた兵隊さんたちのお陰です。なくなられた兵隊さんたちもそれがあって満足されておられる筈である。亡くなられた兵隊さんたちに感謝しなければいけません」「今日の日本があるのはあのとき天皇陛下がご聖断をくだされたからである。陛下に感謝しなければいけません」と我々に日頃教えてくださいました。
そのことを思いだすとあの時、「未だ日本は精神的に負けてはいなかったのだ」という思いにいたります。戦争には負けても自らのアイデンティティを必死に守っていたのです。
私は日本の総理大臣は靖国神社に参拝して欲しいと思っていました。

 今年の全国戦没者追悼式典で麻生首相は、ただ亡くなられた英霊に中身のない追悼の意を述べた上にアジアの人々、植民地支配への反省と思われる挨拶を述べました。それは小学校の先生が教えてくださった英霊への追悼とは180度違うものでした。

 私はこういう挨拶をする輩はたとえ首相であっても靖国神社に参拝させてはならないと思うのです。

         文責:足立誠之
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 23:27| Comment(2) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。