2009年07月15日

「平成皇室論」と「週刊朝日」

 「平成皇室論」と「週刊朝日」

 「週刊朝日」を読んでみたが、西尾先生以外の人は「平成皇室論」を読んだのだろうか、と思った。

画像.bmp

 正直なところ「週刊朝日」は週刊誌だから、ゴシップもいいかもしれないが、この「平成皇室論」は、あまりにも皇族の方々の一挙手一投足を事細かに書きすぎているように思えた。

 これでは、面白おかしく読む人がいるのではと心配になった。

 この本を読んだ人の中で、何人の人が三つの選択肢までの流れを読み取ることが出来るのだろうか?

 橋本明氏の「平成皇室論」は、異論があるとすれば最後の方の明治維新あたりからの政治に絡むあたりだが、我々の知らない皇室の姿が描かれている。

 柳原二の局の話のところでは、宮内庁の独身寮が鎌倉の柳原二の局の跡地にあったそうで、通勤に時間を要した話を聞いたことを思い出しながら読んだ。その後、雅楽の楽器置き場に場所を移したらしいが、その頃の皇室は今では想像できないくらい、大変だったようだ。

 亡き父は、宮内庁の話を時々話してくれた。少しづつ思い出しながら勉強しながら繋げていくと全体像が見えてくる。私にとっての皇室は私の歴史でもある。

 西尾先生の「皇太子殿下へのご提言」に対して批判していた人々が、「平成皇室論」をちゃんと最後まで読んで、天皇陛下のご学友、ではなく同級生の文章ということで今回はどういう反応を示すのかが興味深い。

  坦々塾事務局  大石朋子


posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 23:26| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。