2009年07月06日

大阪万博の思い出

  大阪万博の思い出

 高校生の頃は、物事を深く考えることもなく、勉強をしなくても点数が採れる数学と、勉強をしないので点数が採れない現代国語や古典、漢文。
勉強しない、呑気な日々を送っていました。

 大阪万博で、台湾とフィリピンのガールスカウトを案内することになったが、元々勉強大嫌いの私は、案内する国の人の勉強すらしないで参加したのです。

 慣れない言葉で意思疎通が上手に出来なかったが、日が経つにつれお互いの気持ちが通じるようになってきました。

 台湾から来たメイは、物静かな子で、フィリピンから来たシンシアは元気いっぱい、私の持参したギターを弾きながら、フィリピンの歌を教えてくれました。
この時の歌は後になって知ったのだが、小さな子どもも歌う有名な歌でした。

 台湾からは、リーダー二人とスカウト六人、合計八人の参加でした。

 その頃は、香港からのスカウトも、香港代表として参加していました。

 彼女たちが帰国の途へつく少し前に、「私たちは、日本はとても良い国、日本人はとても良い人たち。だから日本へ行きなさい。日本を見てきなさいと言われて来た。日本に来てよかった。」と涙を流しながら話してくれました。  
                    チムとメイ、万博にて.bmp

   左から、メイ、シンシア、亀天

 「親戚の人たちが、お金を出し合ってくれた。感謝の気持ちのプレゼントを持って来ることが出来なかった。」と言い、制服のボタンを千切って「ありがとう」と言いながら配っている子も居ました。

 そこまでして日本に来てくれたのに、何も心の準備どころか調べることもしないで引き受けたことに後悔し涙が止まらなかった。

 知らないことは罪であり、恥であると、この時ほど思ったことは無かった。

   坦々塾事務局  大石朋子
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 13:52| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。