2009年07月04日

『人民元がドルを駆逐する』西沢裕彦

『人民元がドルを駆逐する』 (KKベストセラーズ)    
   
      宮崎正弘著

      
   坦々塾会員 西沢裕彦

 宮崎正弘氏著『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ)を手に取りました。「半世紀後、世界の基軸通貨はゴールドにリンクした華元(人民元の新バージョン)となり世界の支配的通貨になっているシナリオを全否定できない」というのが本書のモチーフでそれを導く基となる政治経済金融情報と数値データが海外を含めた新聞、雑誌、電波メディアから収集され整理圧縮されコンサイスに纏めあげられています。鮮度の高い最新情報が満載でなるべく早く手にとって欲しい一書です。 

 貿易、金融に携わる者ならこの書に記されている内容を消化してビジネス・トークに織り込みたいものです。資産運用のヒントも掴めます。国際金融に関心のある大学生、高校生が手に取るには格好の書でしょう。金融を通して国際政治、そしてその中の日本のプレゼンスも理解でき新聞、テレビの伝える中国が巨象でなく虚像であることも分かるでしょう。資源覇権を貪欲に進めている中国が「通貨覇権」にも野心を剥き出しにしているさまが浮き彫りにされそれを進める狡猾なまでのしたたかさが描かれています。中国人はもともと貪欲狡猾したたかだと思うのですが国際社会に向かって常に勇ましい発言をし目立つ実績を挙げなければ生き残れない中国支配層の苛烈な内部競争もあるのでしょう。国際会議での中国代表のアグレッシブさ存在感と日本代表を比べるとそのパワーやプレゼンスの見劣りは歴然です。

 チベット人思想家ラビ・バトラ氏の著書『2009年断末魔の資本主義』を取り上げた箇所に「問題解決のキーは日本人の頭脳再建にある」と日本社会のメンタル・タフネス不足を嘆く条があります。たしかに「日本人の精神の萎縮、その精神の老衰こそは高齢化社会の構造的な衰弱より、もっと深刻な事態」と本書が指摘している通りです。

 中見出しのひとつに「(中国の)V字型回復のニュースに騙されてはいけない」とあります。中国政府の積極財政政策で上向いた同国の経済指標につられて日本の株式市場が一万円台を付けました。本書が指摘するように中国経済の好調さは財政出動がもたらした表層的で一時の現象で中国の輸出は依然回復する兆しはないのです。第8章「そこで日本経済はどうなる?」は示唆に富んでいます。本書に引用されているエマニエル・ドット著『帝国以後』の一節「世界が米国なしで生きられることを発見しつつあるそのときに、米国は世界なしでは生きられないことに気づいた」はじつに辛辣なアフォリズムです。西部邁氏著『サンチョ・キホーテの旅』から引いた「(米国は)ジェラルミン色の巨大な円盤となって、宇宙の彼方に飛び去っていくのではないか」はなかなか秀逸な一節です。米国六分裂のシナリオ、丹羽春喜理論の核心、今年十月建国六十周年を迎える中国の波乱予想など読み所満載でした。(了)

      文責:西沢裕彦
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 08:06| Comment(2) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

撃論ムック「NHKの正体」大好評、発売中!

撃論ムック「NHKの正体」大好評、発売中!!

 NHK問題の基礎知識から、理論武装まで。
今回の騒動から、過去の「女性国際戦犯法廷」問題。
安倍内閣の時代に、北朝鮮の拉致問題に関連して、NHK短波ラジオ国際放送への命令放送を拒否したNHKの話
公共放送の在り方を問う、初心者も関係者も必読と思います。
グラビア部分に、○○さんたちのお顔が・・・・。


 次は『宮崎正弘の国際ニュース早読み』からの転載です。
転載のお願いを快諾下さいました宮崎先生に、感謝します。
『宮崎正弘の国際ニュース早読み』をまだお読みで無い方は
http://www.melma.com/backnumber_45206/ から申込できます。

           坦々塾事務局  大石

☆゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:* ゜・*:.。.:*・☆

『撃論ムック「NHKの正体」
―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム』

激論ムック NHKの正体.jpg
 ▲
 NHKスペシャルのシリーズ「JAPANデビュー」が大問題となっている。
 しかし、最大の問題は、「JAPANデビュー」が“公共放送”NHKの病の氷山の一角であること。そして、この事件を既存のオールドメディアのほとんどが全く報道しなかったことだ。それは、日本人に襲いかかる恐ろしい情報統制の現在を意味している。NHKは、日本人を圧殺する報道テロ機関として、その正体を現した。
国民の受信料と税金で運営される日本の“公共放送”に、いったい何が起きているのか?
本ムックでは、「JAPANデビュー」問題だけでなく、過去のNHKの偏向報道・番組を分かりやすく徹底分析、NHKのあるべき姿を展望する。「JAPANデビュー」の第3回「通商国家の挫折」、第4回「軍事同盟 国家の戦略」では、激しい視聴者の非難を意識してひどい偏向は目立たなくなったものの、相変わらず日本の近代化の歩みを一方的に貶める姿勢に変化はない。
安倍晋三元首相の特別インタビュー、抗議活動を推進する柚原正敬、永山秀樹、水島総各氏の論考を始め、第一線のジャーナリスト、評論家、学者が執筆。黄文雄、小林よしのり、林建良、西村幸祐の座談会も収録し、台湾現地取材の最新情報も。一家に一冊、日本人の安全と平和と守るためにも、日本国民必読のムック、いよいよ発売!

目次
◎口絵 NHK、そのとき!)歴史!)が動いた
これが「JAPANデビュー」サブリミナル・印象操作の全手口だ/映画が教えてくれる日台関係の真実/渋谷が燃えた日/NHKが送った脅迫状・怪文書を独占公開
◎はじめに 戦後日本の鏡、「人間動物園NHK」
                 ・・・・西村幸祐
◎特別インタビュー
安倍元首相、NHK問題を語る・・・・・・・・・安倍晋三

◎総特集1 「JAPANデビュー」問題がつきつけるもの
・第1回“アジアの一等国”
NHK「JAPANデビュー」が引き裂く日台関係
                 ・・・・柚原正敬
5分で分かる「JAPANデビュー!)アジアの一等国!)」問題
台湾人を裏切ったNHKの大罪
               ・・・・・・・林建良
台湾現地の取材で見えた「真実」―やっぱりNHKは間違っていた
                 ・・・・・井上和彦
「人間動物園」の言葉に隠された意図・・・・・大高未貴
安保問題としてのNHK「親中」放送・・・・・永山英樹
5・16&5・30 NHK抗議デモを見た・・若杉大
・第2回天皇と憲法
「天皇」否定へミスリードするNHKの大罪・・高森明勅
NHKの悪質な印象操作、そしてメディアの崩壊
              ・・・アリムラ・ヨシヒロ
「国体」破壊を表明したNHK・・・・・・・・小山常実

◎特別座談会
「JAPANデビュー」問題が明らかにした日本の危機
・・・・・・・黄文雄/小林よしのり/林建良/西村幸祐

◎総特集2 NHK偏向の歴史
NHKからの脅迫状―私はいかにしてNHKと闘かったか
                 ・・・・・中村粲
「女性国際戦犯法廷」騒動とは何だったのか
                 ・・・・・古賀律子
チベットの「真実」を報じたとき、NHKは変わる
                ・・・ペマ・ギャルポ
自衛隊が嫌いで仕方のないNHK・・・・・・・・佐藤守
「政治」以外は“まともな”NHK・・・・・・杉原志啓
NHKスペシャルのやらせ体質・・・・・・・・・若杉大

○小特集 メディアは拉致被害者の味方か

拉致問題―解決への訴えをメディアは報じたか 
                  ・・・・・詠清作
拉致被害者を蔑ろにした既存メディアの罪
                   ・・・・西岡力
◎特集 NHK「反日」の構造
悪意のNHK―OBからの告発・・・・・・・・・大谷英彦
NHKと中国の抜き差しならぬ関係・・・・・・・青木直人
日本放送協会・性犯罪アーカイブス・・・・・・鉄幹ばなな
視聴者参加番組からプロ市民を駆逐せよ・・・・・中宮崇
NHK売国プロデューサー・ディレクター列伝
            ・・本誌「NHKデビュー」取材班
呆れたネコババ体質の実態・・・・・・・・・・・若杉大
NHKが隠し切れない労組の闇・・・・・・・・・野村旗守
私はなぜ、NHKと戦うのか・・・・・・・・・・水島総
これがNHKの天下り企業だ・・・・・・・・・・野村旗守
世界の国営放送・・・・・・・・・・・・・・・・宮島理

◎好評連載
思想の誕生―第9回 日本的王権の由来と「和と『まこと』」
                  ・・・・・西尾幹二   
北朝鮮が教えてくれるもの/(その2)世襲の擁護   
                  ・・・・・・西部邁
新・書生の本領―第9回 メディア批判の構造・・・大月隆寛
情報の考古学―第9回 変革の思想が問われていた時代(その2)
                  ・・・・・西村幸祐
女流国防論―第9回 戦車はいらないの?・・・・・桜林美佐
ネット言論多事争論―第9回 明らかになったNHKの儒者根性
                  ・・・・・宮島理
知垢庵夜話第9夜 日本人よ、「日本人」になれ
                  ・・・・但馬オサム
ほか。
<オークラ出版、1200円です>
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。