2009年05月18日

日本を語る大講演会

<日本を語る大講演会>

 昨日17日、星陵会館にて「日本を語る大講演会」が行われました。

 新しい歴史教科書の市販本には
三笠宮寛仁親王殿下の特別寄稿をいただいてございますので、知り合いの方にも是非お薦めください。

20090520090354e64.jpg


会場は満員で、講師の先生方の中味の濃いお話に会場は熱気に包まれていました。


開会挨拶  福地惇副会長

 <講演>
 
1  加地伸行先生  
        「儒教と日本人の精神と」
2  加瀬英明先生  
        「愛国心について」
3  田久保忠衛先生 
        「日米関係の歴史」
4  山正之先生  
        「欧米のアジア植民地支配」
5  西尾幹二先生  
        「米占領支配が消し去った歴史」
6  井尻千男先生  
        「『ナショナルエコノミー』が築いた日本の力」
7  藤岡信勝先生  
        「日本の国家的自立と歴史教科書」

閉会挨拶  杉原誠四郎副会長

 感想文を書き始めましたが、
「歴史教科書市販本の15の視座」をご覧いただいたほうが良いかな・・と思いましたので、亀天感想文はボツ(笑)にしました。

ただ、西尾先生のお話の中でのNHK問題と与党自民党の問題は、お話の途中の、米からの「日本は罪の意識が無い」と指摘された話のあたりから、私ですら、そうではないかと思わされました。
 NHK問題は根が深いと、改めて思いました。


        亀戸天神(坦々塾事務局 大石 朋子)
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 12:27| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。