2009年04月27日

日本国家の『形』を求めて <第五回>

 日本国家の『形』を求めて <第五回・最終回>
      ―日本外交再生への提言

   坦々塾会員 馬渕 睦夫  防衛大学校教授
          (前ウクライナ兼モルドバ大使)

  
  伝統文化の再認識を

 日本自身もポスト・グローバリゼーションの新たな国づくりが求められている。日本の社会体制のあり方は、上述の通り倫理に支えられた社会秩序、すなわち信頼に基づく人間関係の再構築ということであろう。識者が言うように、社会における倫理は伝統文化と離れては存在し得ない以上、喫緊の課題は伝統文化を蘇らせることであろう。昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」は登場人物の礼儀作法が一つの美を構成していた。現代にあって江戸時代と同じ作法は取り得ないが、礼儀作法という「形」は人間関係の潤滑油の機能を果たしており、現在の社会にあってもこのような機能は必要である。学校教育の現場において、女生徒に対し女言葉を使うなと教えている教師がいると聞いて、私は憤懣やる方なかった。公共の場において女子生徒たちが大声で男言葉で話している光景に出会って聞き苦しい思いをするのは私のみであるまい。これら「形」の美しさの喪失は(経済成長と共になし崩し的に失われた面もあったが、意図的に喪失させようとの組織的試みが行われているとすれば、日本国家の存続にとり極めて由々しき事態であり、決して見過ごされてはならない)、日本社会における信頼関係が崩れ、人間関係が乱れている主要な原因といえよう。人間関係のありようは社会の基盤である。そこで、これからの社会にふさわしい「形」を取り戻すことから始める必要がある。上記のモルドバ外相の印象に見られるごとく、外国人の目には、弱まったとはいえ日本の秩序や人間に対する心遣いは素晴らしいものと映っている。これは日本の貴重な財産である。何よりもまず、家庭において、そして学校教育において、周りの人に対する正しい言葉遣いを教えることからやり直すべきである。

 学校教育に頼っているだけでは間に合わない。伝統文化を見直し、大切にするマインドを養い、日々各人の持ち場で実践してゆくことである。先日、米国のアカデミー賞外国作品部門で日本の「おくりびと」が最優秀賞に選ばれたニュースを報じた若いテレビキャスターが、「やっと日本の映画が世界で認められた快挙」との趣旨で語っていたが、私は大いに違和感を禁じ得なかった。言うべきは、「やっと世界が日本の文化のよさに気づいた」であろう。キャスター本人は無意識にしゃべっていたのであろうが、欧米中心の価値観に蝕まれていて日本の文化に対する誇りと自信が欠けていることにすら気づいていない様を見て、暗澹たる気持ちにさせられた。日本が今後未曾有の経済危機に対処する上で、結局最後は伝統文化の知恵に頼らざるを得ない事態がくる。近い将来起こり得るべき日本国家の命運がかかった選択にあたって、動ずることなく正しい施策を断行できるよう、政治家、官僚、オピニオンリーダーの面々には、日本の伝統文化という眼力を常日頃から磨いておいてもらいたいものである。

   日本の使命 

 およそ個人の人生に使命があるごとく、国家にもまたそれぞれ使命がある。日本国の使命は何であるか。それはダーウィンの自然淘汰の進化論に代わる「共生的進化論」に基づく世界の建設に主導的役割を果たすことである。日本が世界に貢献できるとすれば、まさにこのような価値観である。ポスト・グローバリゼーションの世界は分かち合いの世界であり、慈愛の世界でなくてはならない。なぜなら、「すべての命が共に働き、共に変化し、共に進化し、互いに同調しながら響き合っている」(ハンガリー生まれの哲学者にして物理学者のアービン・ラズロー)からである。だからこそ、分かち合いは地球環境に優しく、資源は最適に人類に分配されるのである。中曽根外務大臣は国会での外交演説(1月)や金沢での講演(3月)において、日本外交の目指すところとして、他国から信頼され尊敬される日本、および国民が誇りを持てる国づくりの重要性を強調した。日本としては戦後のODA政策を支えた国家平等の精神を、今後、共生的進化論の思想の下、より明示的に世界に臆することなく発信し、かかる国際社会の実現へ向け能動的に働きかけてゆくべきである。それが他国から信頼され尊敬されるとともに自らの国に誇りを持てる日本国家のあり得るべき「形」であり、日本外交の再生たるゆえんである。

           (おわり)
posted by 坦々塾事務局大石朋子 at 13:23| Comment(0) | ゲストエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。